綿密な調査には探偵を・・・

2017年12月07日(木)
【私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した】
私は31歳の自営業者です。


2年前に結婚した妻は子供ができるまでパートに出ています。


つい最近、まさかの不倫発覚。


妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、以降、口をきいてくれません。


修復の見込みがあるのでしょうか。


浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。


謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。


当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、契約を破棄したいというと、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。


あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。


料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、ほかのところを探せばよいのです。


探偵の場合には、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。


そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと見てよさそうです。


成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。


そのため、成功報酬制を採用している方が浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。


調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼すると安心です。


普通、離婚となると、不倫していた親のほうは子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。


道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたか等に重点を置いて判断します。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかがカギなのです。


19:00







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++