綿密な調査には探偵を・・・

2017年05月20日(土)
【浮気がばれると、慰謝料が必要になるこ】
浮気がばれると、慰謝料が必要になることがあります。


婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。


浮気の証拠を提示されてしまえば、逃げおおせることはできないでしょう。


請求額は概ね、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでとかなりの違いがあります。


払える見込みが立たないときは、額を減らしてもらうよう交渉するのもありでしょう。


調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。


明細書に記載される表示に配慮しているところも多く、履歴から興信所や探偵を利用したことが知られることもありません。


クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、良い業者の目安ということにもなります。


不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


たとえば、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられることが増えました。


浮気の定義は、個々の道徳意識によって異なると思います。


自分以外の異性に優しくしたとか、身体的な接触が少しでもあれば浮気と言う人も、いないわけではないです。


実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞ということになります。


しかし、結婚生活に波風を立てないためには、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えたほうがいいです。


一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、中にはとんでもない金額を請求する会社もあるようです。


高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実のところ非常に微妙です。


けして安くはない代金を支払った挙句、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんてことにならないよう、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておいた方が良いでしょう。


01:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++