綿密な調査には探偵を・・・

2019年11月08日(金)
【浮気調査は専門家への依頼が一番】
浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は、頭に血がのぼってしまうおそれがあります。


自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例がこれまでに多くありました。


貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも専門家である探偵に依頼するべきでしょう。


浮気の確固たる証拠を提示できない場合、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても分が悪いでしょう。


つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することもあるからです。


「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。


そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは本意ではないはず。


だからこそ、しっかり調査しておくべきです。


尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が少ない費用になります。


というわけで尾行依頼を探偵にする時には、相手の日々の行動をよく知っておくことが大切です。


そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵のほうも手間が省けお互いにとってメリットがあります。


興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。


双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。


ただし、違いがあるとしたら傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。


浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。


現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。


平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、不当な行為を働く業者による被害を未然に防ぐべく定められました。


14:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++