綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2021年04月22日(木)
【想像がつくかもしれませんが、探偵業で依】
想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫関連の調査です。


どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例にご説明しましょう。


一番多い手法としては、依頼人から提供された対象情報を参考に対象の追跡を行います。


相手が警戒していることもありますから、浮気しそうな日を絞って証拠を入手します。


探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。


興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気をやめさせることに成功しても、再び浮気する人は一定数いるようです。


休日に家族と過ごす時間が減ったり、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。


その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が大事だと思います。


子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。


子供ができてから今までの間、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、以前と変わったところがあったのか、早くから主人もわかったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められることになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。


尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行をする時間が短い方が費用が少なく済みます。


したがって尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。


その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵側も余計な手間がかからずどちらにもメリットがあります。


面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。


携帯も隠すし、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。


相手が誰かだけでも知りたくて、携帯をチェックしようとしたら、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。


泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、主婦の財布には痛い出費です。


実家に話して借りるかと思いつつ、最初の一歩を踏み出せないでいます。


10:24
2021年04月21日(水)
【浮気の裏付けをつかみ取るには、最も確実な方法は探偵に】
浮気の裏付けをつかみ取るには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。


ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。


探偵に浮気の調査を頼んだら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ調査料は変わってきますから、調査を依頼する前には見積もりをお願いすると良いでしょう。


探偵社には調査報告書というものがありますが、特にフォームに決まりはありません。


ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使われるなら、やはり証拠として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと困りますよね。


のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、業者を選定するのをお勧めします。


日々、相手の生活の様子を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方が安全安心です。


それに探偵にお願いすれば、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる!という付加価値もあるのです。


浮気調査で肝要なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。


不倫行為が確実ではない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。


不倫相手の存在が確かになれば、次にすべきことは浮気相手の特定です。


尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、あるいは張り込んだり等パートナーと不実を働いている相手を押さえるのです。


不倫問題を相談したいと考えるなら、弁護士がいいでしょう。


離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。


また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所や興信所に相談してください。


女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、近所の噂のタネになりたくない時は何があったとしてもやめるべきことです。


08:00
2021年04月20日(火)
【成功報酬と言って誤解されがちなのは、例】
成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば浮気調査を依頼したケースでは調査期間が3日間だったとして、その3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。


実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ浮気とは分からないまま、調査は完了し成功報酬としての料金を請求されます。


浮気調査なんていちいちしなくてもと思う人は多いでしょう。


でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、男だらけの職場でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。


普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。


挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、浮気調査を探偵にしてもらえば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。


スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例が少なくありません。


スマホが主流となっている今、フリーメールを含むメールやLINE履歴に不倫の履歴が隠れている可能性は高いです。


わざわざロックしてあったりしたら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思っていいでしょう。


探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。


ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域周辺に限って、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。


ある程度の選別ができたら電話で相談員に話してみると良いでしょう。


いくら悩んだところで実際に話してみなければ、探偵社の雰囲気すら判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。


探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、自分の目的を話してオープンなやり方で情報を集めるようです。


探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と考えることができます。


08:00
2021年04月19日(月)
【興信所や探偵に配偶者の浮気を】
興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。


探偵の調査業務にかかる料金は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万前後(期間5日)が必要です。


請求は調査内容や調査期間で変動するものの、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておくと良いでしょう。


興信所、探偵社というものの中には詐欺のようなタチの悪い会社があるのが現実です。


評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。


ごく普通の素行調査(浮気等)でも、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。


どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。


テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。


浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然とも言えます。


探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。


認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、違法な会社や怪しいところでないかは、番号を見れば判断がつきます。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。


特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。


何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業となると、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。


法規制がない便利屋と違い、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。


探偵社には調査報告書というものがありますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。


もし裁判等で使われるなら、やはり証拠として認められるよう、良質な情報を備えた報告書でなければ価値がないわけです。


そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、依頼する業者を選別するのをお勧めします。


08:00
2021年04月18日(日)
【配偶者が不倫していたことが原因で別れる際の条件で揉め】
配偶者が不倫していたことが原因で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、ついに家庭裁判所のお世話になるケースもあります。


家事調停委員が加わり、公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人同士や親戚内で話し合うよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。


前の日はよく眠り、気楽に行くことです。


ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも時々見かけます。


ときには「素人探偵」が活躍したりもして、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう追跡したり写真を撮影することは、難易度の高いワザです。


先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。


浮気調査を探偵事務所に成功報酬で、依頼すれば損はしないと思いがちですが実際にはそうでない場合もあります。


成功報酬ならば一般的な感覚としては調査を不成功で終わった時、料金の支払いをしなくてよいので依頼者は損をしなくて済むように感じます。


ですから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して利用したいと思っている人もいるのです。


不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、浮気していたという証拠がなければいけません。


どのようなものでも証拠になるというわけではなく、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、二人でラブホテルを利用している写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。


スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSを証拠採用するケースが増えました。


浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、平均的な料金はあらかじめ調べておきたいものです。


不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところも存在するからです。


また、安価な価格設定で顧客を誘い、あとになって必要経費といって、多数のオプションが付加されることもあるため、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。


06:48
2021年04月17日(土)
【夫(あるいは妻)が不倫しているこ】
夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、探偵に調べてもらう際は、一律いくらとか安価なところは魅力的です。


ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心したほうがいいです。


経費を省くため、調査内容がいまいちというケースもしばしば見られるのです。


調査を頼む際は、信頼に値する業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。


不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。


気になるその支払方法ですが、規模の大きな会社なら分割払い(クレカかローン)に対応しているところもないわけではありません。


一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、代金の都合がつかないという場合は、このような精算方法に対応している業者を中心にリストアップしていくといいのではないでしょうか。


もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。


しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。


そもそも不倫は、やってしまった人間が「有責」なのです。


精神的にはまだまだわだかまりが残るとは思いますが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。


浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。


時には極端に高い料金を請求してきたりする場合もあるようです。


しかし、高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、一概に釣り合っているとは言えません。


けして安くはない代金を支払った挙句、肝心の浮気の証拠が掴めないなんてことにならないよう、契約前に調査費用の平均値ぐらいは調べておくべきです。


よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。


私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。


これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家計のことで責めることもしません。


男性の自尊心を優先し、妻としての外見への心配りも怠らず、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、夫婦円満で不倫もないと考えています。


06:06
2021年04月16日(金)
【普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。い】
普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。


いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どこにしたらいいんだろうと悩むのが当然とも言えます。


個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、届出をした正規事業者であるかは届出番号で判断することができます。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。


ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。


GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それをプレゼントすれば、かなりの精度で今いる位置が判断できます。


別に違法というわけではないですし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、GPSを使えば便利だと思います。


依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれで終わりとは言えません。


浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。


そういう時に、一番に依頼人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信頼に値する探偵と言えます。


探偵を信頼しても良いのかを判断するには、お話を進めるときの印象などで慎重に決めるとよいでしょう。


浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても、離婚の必要性については考えるべきでしょう。


子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。


男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーということはないです。


老舗探偵社や興信所大手などでは、支払いはクレジットカードでもOKです。


明細書に記載される表示に配慮している会社も多いので、カードの使用明細によって調査をしたことがパートナーにばれるおそれがないのが嬉しいですね。


クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。


06:06
2021年04月15日(木)
【浮気調査を実行する前に確認せね】
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。


それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。


不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。


調査により浮気が確定した場合に、次は不倫相手を調査となります。


仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で不倫相手の正体を押さえるのです。


不倫していると受け応えでも見抜くことができます。


遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。


だから質問は簡単なほうが良いのです。


ちょっと質問しただけなのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。


心に負い目があると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。


視線もキョドりますし、目線を追うと簡単にわかるものです。


身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。


人が浮気をすると、目に見えて出現してくるのは変化していく服装です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら用心しましょう。


これから先浮気をしようとしていたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。


よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。


もともと我が身のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がいつかはばれるのではと怯えて生きていかなければいけないでしょう。


不倫経験者なんかと結婚しても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、そう落ち着いてもいられないでしょうね。


行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。


浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真でしょう。


誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。


シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠を入手することは危険も伴いますし、興信所を活用することも検討すべきです。


02:54
2021年04月14日(水)
【尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行を】
尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行をする時間が短い方が費用が少なくなります。


ということは尾行を探偵に頼むなら、パートナーの日常の行動をよく知っておくことが大切です。


自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な労力がかからずお互いのメリットとなります。


たちの悪い興信所にあたってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。


詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは危ないと思ってよいでしょう。


相談後、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。


まともな探偵社や興信所であれば、そんなことはしないはずです。


浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。


実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で費用を算出します。


調査にかかる期間が短くて済めば支払い額も安くなります。


名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。


ちょっとウェブで調べてみると、そこを利用した人のクチコミ評価などを知ることができるでしょう。


都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、そこで話を聞いてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。


着るものが今までと違った系統になってきたら、危ない予兆です。


浮気相手の趣味に合わせたものであったり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。


突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したらかなり怪しい臭いがします。


服の中でも、きれいな下着を、着用しだしたら浮気をしていることがありえます。


02:42
2021年04月13日(火)
【あまり評判の良くない探偵業者にひ】
あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。


事務所に相談に行った際、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。


断って帰宅したあとでも、しつこい電話勧誘がくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。


本人たちにとっては遊びのつもりでも、自らがした不倫の償いは、高くついて当然でしょう。


もっとも、パートナーの対応によっても違いますよね。


ただ、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。


不倫はバレたら最後。


金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償っていかなければいけません。


相手が全然知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには必要とされる技術および機材があります。


せっかく撮った浮気現場の写真も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。


探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って相手が気づかないうちに鮮明に写真におさめることができます。


一部の探偵がアルバイトの例があってしまうのです。


探偵としてのアルバイトを調べてみると、求人情報が表示されます。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。


ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。


浮気調査などで探偵社に依頼する前に一般的な調査費用の相場について知っていないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。


時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と計算しておくと間違いありません。


時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払いにはねかえってきますから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。


00:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++