綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2021年01月23日(土)
【不倫した二人に慰謝料を請求する場合にはま】
不倫した二人に慰謝料を請求する場合にはまずは相手のことを知らなればなりませんし、ムカつくでしょうが不倫が継続した証明を見せられなければなりません。


しかし調査のプロである探偵に依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。


不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、尾行自体がバレやすく、さらには感情に任せてトラブルになる危険性もはらんでいます。


探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く証拠を集めることができるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


浮気の事実が判明し、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


証拠に採用されるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。


近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されることが増えました。


行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


不倫行為の証拠といえば、やはり、写真でしょう。


誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。


浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのは困難でしょうから、その道のプロである探偵を利用することも候補に入れておくといいかもしれません。


懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展することも大いにありえます。


以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同年代の思い出があるせいか異性に対する警戒心が薄れ、気持ちが通じやすくなるのです。


そういった再会を機に相手の様子がおかしければ、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。


02:48
2021年01月22日(金)
【もし配偶者が不倫している疑いがあり、探偵に調べてもら】
もし配偶者が不倫している疑いがあり、探偵に調べてもらう際は、価格の安いところに目がいきがちです。


ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心にこしたことはありません。


経費を省くため、調査内容がいまいちという場合もあるので、これから依頼するのであれば、誠実な会社なのかどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。


浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったからだそうです。


言葉は違っても結局はそれみたいですね。


恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが浮気へと走らせるようです。


浮気を未然に防止するために、二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを語り合うことも大事です。


未成年の子がいて離婚する場合、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


でもそれは、絶対的なものではないのです。


子供の親権というものは、裁判では生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性といった点を見ていきます。


調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを最も重要なことと考えているようです。


不倫は家庭も人も壊します。


そのような中で傷ついた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。


専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。


不倫という許しがたい理由で相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうような人も少なくないです。


もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。


興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、別途、代金を請求されるというケースがあるようです。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、オプション付加条件や料金テーブルが記載されているでしょう。


ですから、それをチェックしておかなければいけません。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのもおろそかにしてはなりません。


02:00
2021年01月21日(木)
【しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を】
しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。


一例をあげると、不倫の証拠集めで相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。


しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が出ないこともないわけではありませんから、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。


そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思います。


明らかな浮気の裏付けがとれない限り、訴訟ではおそらく不利になると思います。


どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。


また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。


証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを回避するには、信頼できる調査結果を入手するほうがいいでしょう。


探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。


調査対象に内密に追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。


察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、追跡する側はターゲットの行動を先読みして予測しなければいけません。


予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の仕事です。


浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。


浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。


調査により浮気が確定した場合に、次に浮気相手の素性を入手する必要があります。


仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、見張りなどの方法も用いて貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。


婚姻中に不貞行為があったために離婚話がうまく進まず、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。


裁判所から任命された調停委員が加わったうえで離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりもソフトな雰囲気の中で話が進行する点で体力的にも精神的にも助かります。


緊張せずリラックスして臨みましょう。


01:30
2021年01月20日(水)
【立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所】
立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所を調べて近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、パートナーが現れるはずですから不埒な行為を押さえることができるでしょう。


費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも試してみたいやり方です。


GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。


探偵業者に欠かせない技量というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。


全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。


大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査に従事する職員のトレーニングや精度アップに熱心であり、当然ながら調査面にも反映されているように思えます。


探偵が用いている追跡グッズとは、自分で買うことができるかと言えば買うことができるのです。


一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用することが多いです。


でも、これは誰でもインターネットなどで買えます。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので誰でも当然購入できます。


普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。


いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的関係を持つことをいいます。


配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを求めることができます。


探偵を頼んで不貞行為の証拠を押さえ、多額の賠償を請求することによって不倫関係を一気に解消させることにも役立ちます。


探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増えているようです。


とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、正式に契約してしまう前に納得できるまで説明を聞き、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう注意しましょう。


01:12
2021年01月19日(火)
【着るものが今までと違った系統になってきたら、よくな】
着るものが今までと違った系統になってきたら、よくない兆候です。


趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。


突然に本人よりも、若い年代の人のカラー・デザインの服装をチョイスしてきたら大変よくない兆候です。


その中でもお洒落なインナーを、身につけるようになったら浮気をしているかもしれません。


浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で、依頼したら損しないかと言うとそうとも言えないケースもままあります。


条件が成功報酬であれば不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って利用したいと思っている人もいるのです。


もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、素人が浮気の証拠をつかむのは無理というものです。


ただ、証拠というのは重要です。


もしあれば、離婚してもしなくても、話を有利に進める材料になります。


もし浮気の確証がもてるようなら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。


ある程度、費用は必要ですが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。


着る洋服を見ることで浮気の実証ができます。


浮気をすると、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。


これから先浮気をしようとしていたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。


探偵の場合には、怪しむ人のないように慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に身分や目的を開示してから正面からの調査を行う傾向にあります。


そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。


01:06
2021年01月18日(月)
【以前も夫は浮気していたのですが、再】
以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。


比較のために何社か連絡してみたのですが、一番感じが良かったところに調査を依頼しました。


調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠を見てしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。


法律の上で、結婚した人が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを不倫とよびます。


ということは法に従えば、肉体関係を持っていなれば普通のデートをしたとしても、浮気とは言えないということになります。


性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。


探偵の一部はアルバイトのときがあるのです。


アルバイト、探偵で検索すれば、お仕事が見つかるのです。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。


浮気調査をさせようとするときには、個人情報を教える必要があります。


アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。


探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く多くなるほど高くなります。


また、尾行の時に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。


興信所、探偵社というものの中には怪しいサギまがいの業者があるので、ネットでクチコミをチェックするなどして、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。


また、不倫の追跡調査等でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。


調査に要する時間と代金は、わかるまでよく説明してもらった上で契約を交わすと良いでしょう。


00:30
2021年01月16日(土)
【着ている服を見て浮気の裏付けをすることもでき】
着ている服を見て浮気の裏付けをすることもできます。


浮気をしているときに、著しいのは格好の変わりようです。


お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意が必要でしょう。


この先浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。


実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、不倫関連の調査です。


探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でおさらいしてみましょう。


標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。


何日も調査しても経費がかさむだけですから、浮気しそうな日を絞って証拠を入手します。


探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。


アラサーの会社員です。


妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。


情けない話ですが、先週、むこうの不倫が判明しました。


妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。


これでは夫婦の意味がないですよね。


悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。


このままなかったことにするつもりなら、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。


レシート、クレジットカードを調べると、浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。


まず、普段は入らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。


その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。


興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、総コストではないでしょうか。


一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって増減はあるので、定価というものは存在しません。


素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円前後です。


実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。


23:42
2021年01月15日(金)
【浮気していたことがわかり、離婚調停や裁判ということに】
浮気していたことがわかり、離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。


どのようなものでも証拠になるというわけではなく、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられるケースがあります。


探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、超リーズナブルなコストテーブルやポッキリ価格で請け負う業者が増加する傾向にあります。


しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもないわけではないので、もしそこに依頼するなら、納得できるまで説明を聞き、時間とお金を無駄にすることがないようにするべきです。


興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、変わりはほとんど無いと言ってもよろしいでしょう。


共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような違いのない仕事です。


ただ、違いをあげるとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。


浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との日常生活に飽きたからだそうです。


言葉は違っても結局はそれみたいですね。


異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。


そういった事態を避けるには、二人で歩み寄って、おたがい我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。


ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。


その許す事ができない行為を野放しにすることはできません。


不倫の証拠収集というとすぐ思いつくのは、携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。


メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。


23:42
2021年01月14日(木)
【パートナーとその浮気相手を別】
パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、それを元に慰謝料請求するというのが最も効果的です。


浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、さほど罪悪感を感じていないという実態もあります。


賠償を求めることで、事態の深刻さを自覚させるのです。


不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は業者によってかなりの違いが出てきます。


安易に一社に絞り込まず、あらかじめ複数の業者に見積りしてもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。


あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、費用圧縮になります。


探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。


業者の場所や連絡先等は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。


相談してみると、ケースごとの概算で見積りを出してもらえます。


そこまでなら無料のところもありますから、納得いくまで検討するといいでしょう。


探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で費用が算出されます。


短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。


あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。


相談に行っただけなのに事務所に足止めし、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は危ないと思ってよいでしょう。


相談後、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。


普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。


23:18
2021年01月13日(水)
【社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。し】
社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。


しかし、もしバレても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、安易にクビにすることができないようです。


ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。


まあ現実では訓戒程度で、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。


困ったことにダンナの浮気は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。


それも入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。


根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。


こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。


一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす価値すらないような気がして、いいかげん別れるしかないでしょう。


安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。


おそらくそれは少し昔の話でしょう。


手抜きをしたってお客にはわからないからです。


とはいえ現在は、ウェブを見ればきちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。


お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、費用と実績がうまく合致したところを見つけるのは大事なことです。


浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。


でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と有利な展開に持ち込むことができます。


これは浮気しているなと気づいたら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。


いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。


実際、不倫行為にはまっている人は、ウツの症状を持っている場合が多いです。


考えられることは、常時精神的な負担があるということです。


ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などをかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。


22:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++