綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年10月22日(日)
【興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、調】
興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。


調査員が行う作業いかんで見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。


単純そうな行動追跡でも、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。


どのくらいの期間を要するかでも料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用はかさむはずです。


どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、無視することができないファクターでしょう。


探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。


もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、相手の会社ではなく、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。


不本意な契約を未然に防ぐことができます。


車の目立たない場所にGPS端末を取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け現在地を確認したり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。


移動手段に車を使わない人の場合は、普段は持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。


これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。


相手に気づかれないで、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには技術や機材がちゃんとしている必要があります。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠とは認められません。


浮気の調査を探偵に任せると、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように鮮明に写真におさめることができます。


不倫の行き着く先って色々ありますよね。


浮気が露見した結果、家族がばらばらになったり、高額な慰謝料を要求されることも考えなければなりません。


あるいは双方離婚してくっつくといったケースもあります。


落ち着く先は色々ですが、心の底から安心して幸せになるという到達点は、求めてもムダというものでしょう。


22:30
2017年10月21日(土)
【探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な】
探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。


2時間の調査で2万円超は予想している必要がありますから、安いものではありません。


たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、支払い額に確実に影響してきますから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。


不倫行為があった場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、話がややこしくなりがちです。


うまくいかないときは訴訟になるケースもあるので、弁護士を頼んで無難なところでまとめあげてもらうと負担も軽くなるというものです。


離婚ということになっても構わない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。


その場合でも、自分だけで乗り込むというのはさらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。


信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。


信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。


カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。


カーナビにある履歴を確認し、浮気相手と車でデートしたところを見つけられます。


履歴が見慣れない場所であった場合気を付けなければいけません。


それに加えて、よくもし給油していたら車で会っていることがあります。


不倫関係に終止符をうたせるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが驚くほど効果があるそうです。


浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。


18:24
2017年10月20日(金)
【27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、妻は子供】
27歳の公務員(男)です。


一年前に結婚し、妻は子供ができるまでパートに出ています。


先週末に突然、あちら側の浮気が発覚しました。


妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。


別居のほうがまだマシです。


彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。


謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。


探偵が使うという追跡グッズとは、自分自身で買えるのかと言われたら買うことができるのです。


追跡グッズは、GPS端末を一般に使用されることが多いですが、これはいかなる人でもネット等で購入可能です。


車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので誰でも買えるのは当然です。


あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。


ただし、配偶者が不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは慰謝料を求めることが難しいでしょう。


慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求額でもめるケースがないわけではありません。


あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は違約金を請求されることもあるのです。


トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認することを強くおすすめする次第です。


料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。


浮気を調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、料金設定が細分化されていて後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。


違法調査を実施しているところへは浮気調査の依頼をやめておきましょう。


18:12
2017年10月19日(木)
【自分でやみくもに動き回るよりは、探偵に浮気】
自分でやみくもに動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方が良いと思います。


経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。


自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。


でも、パートナーに詰め寄っても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。


そのためには、絶対確実な証拠が必要です。


やはり不倫の証拠写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面につきるでしょう。


個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。


裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を入手したいのだったら、最初から興信所などを手配するほうが現実的です。


普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。


遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


大抵の人間はウソをつくとき、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。


ちょっと質問しただけなのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。


後ろめたいことを隠しているときは、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。


落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。


興信所が作成する調査報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。


ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの使用が前提なら、なんでも証拠になるというわけではないので、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。


そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、探偵社の中でも相応のところに依頼するのをお勧めします。


探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが総コストではないでしょうか。


費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減はあるので、定価というものは存在しません。


素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、2万円前後です。


安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。


16:06
2017年10月18日(水)
【なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。探】
なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。


探偵のアルバイトを探してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。


これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もたくさんあるわけです。


浮気調査をさせようとするときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。


バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。


探偵を頼むには、さしあたっては電話をかけてみましょう。


電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。


そこで契約に必要な説明を聞いて、任せても良いと判断したところで契約し、調査員へのGOサインが出されます。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。


当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、契約を破棄しようものなら、キャンセル料をとられることがあります。


あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのが必要だと思います。


料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。


探偵が使う追跡グッズというものは、自分自身で買えるのかと言われたら買えます。


一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使うことが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で買うことができます。


車に載せてあるGPS端末は、本来は車の盗難されたときのために付けておくものですので誰でも買えるのは当然です。


探偵や興信所といった調査業を始めるときは、取り立てて特殊な資格等は求められません。


そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、探偵業届出証明書の交付という認可を受ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。


営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。


14:54
2017年10月17日(火)
【男性は外に出るせいか、浮気するものと】
男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。


しかし、浮気は男ばかりじゃないはずです。


スポーツや自治会、子供関連と、女性だって人と会う機会は多く、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。


そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが多くなっているようです。


探偵が行う浮気調査でも時には失敗することもあります。


探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。


尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に気づくこともあるでしょう。


それか、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは尻尾を掴みようがないです。


参りました。


うちの旦那さんの浮気って、初犯じゃなかったんです。


私と結婚する前から、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。


そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気癖は直らないって言いますよね。


こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。


あんな人と人生の伴侶としてやっていく自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。


浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。


それは、頭に血がのぼってしまうかも知れません。


強い心を持っている人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと逆上してしまったという例がこれまでに多くありました。


平穏に解決するためにも、何よりも証拠を入手するために専門家である探偵に依頼するべきでしょう。


不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。


いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。


浮気だからと認知に消極的なときは、裁判になることもあります。


子供なんて出来てしまったら大変ですから、なんとか不倫をやめさせないと、いずれ大きな金銭的負担も覚悟しなければなりません。


13:54
2017年10月16日(月)
【なんとなく不倫の気配を感じたら、その】
なんとなく不倫の気配を感じたら、その裏付けをとる必要があります。


最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。


個人が不倫の尾行をしたり、離婚裁判で採用されるような証拠を入手することは相手に発覚するおそれもありますから、興信所を活用することも候補に入れておくといいかもしれません。


夫が浮気しているところを奥様がつかまえて、ひどい状況に陥るのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。


ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというプロットもサスペンスにはありがちです。


浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。


別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。


探偵事務所を探す方法としては、評判や口コミを調べるのが大切です。


当然、探偵事務所が運営するホームページに記載された口コミを見るのではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトに書かれているような口コミをチェックするといいでしょう。


該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性が高いのは明白です。


浮気した事実をカーナビで証明できるのです。


カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。


あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意しなければいけません。


そして、よく給油されていた場合、デートに車が使われていることがあります。


結婚している相方が、浮気しているときでも結婚生活を解消したくないのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。


浮気していることが明らかになってしまうと、配偶者が浮気を正当化したり逆上してしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともあります。


しかも、浮気相手に直接関わった結果大きなストレスになってしまうのです。


13:30
2017年10月15日(日)
【たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様】
たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくること事体、ありえないことではありません。


一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。


離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、直ちに弁護士さんに相談してみることです。


普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。


そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこが良いやらピンとこないのがあたりまえでしょう。


個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、申請が認可されると認可番号が交付されます。


正規に開業している業者か、違法な業者かは、届出番号で判断することができます。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。


あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。


話をしに行っただけで契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。


帰宅したあとに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


しっかりした探偵社なら、そんなことはしないはずです。


探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。


ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないと思います。


もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利であることは間違いありません。


あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、白黒つけたいと思うなら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。


不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。


もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、それさえあれば、気の済むまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。


中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。


家族関係の悪化や失職するなど、それなりの報いを受けるわけです。


12:48
2017年10月14日(土)
【よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、】
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


もともと我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして生きていかなければいけないでしょう。


一度不倫を経験してしまうと、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。


武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、相応の能力や習熟が必要でしょう。


スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるみたいですから、格安というところは注意したほうが良いでしょう。


金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。


それが、お金も時間も無駄にしないコツです。


探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域性を尊重するのは良いことです。


たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵をあたってみると良いでしょう。


地域のことをよく知っていれば、仕事を有利に進められますし、報告書の精度も上がるでしょう。


それと、依頼内容次第では専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、あらかじめホームページとか業者に電話確認してみることも大切です。


ほんの火遊びのつもりでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。


その許す事ができない行為を放置するというのは不可能でしょう。


不倫行為の裏付けをとる手段は身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。


用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。


近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこから浮気がバレる場合も増えているのです。


常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると疑ったほうがいいかもしれません。


SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。


12:42
2017年10月13日(金)
【浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、法外に低料】
浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、法外に低料金だったりもしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プランが提示されていて事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。


法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが一番です。


不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないという実態もあります。


代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促すのです。


いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、クライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。


現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。


法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、不当な行為を働く業者による被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。


興信所と探偵。


何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。


両方とも探偵業務と報告を行うことは違いがありません。


つまり浮気調査でしたら、どちらに頼んでも問題はないということです。


とはいえ、得意とする分野については業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。


私28歳、夫36歳。


小2と幼稚園の子供がいます。


しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、いよいよ離婚という運びになりました。


これから女手一つで、この子たちを養っていくのです。


メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、間に弁護士を挟んで、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書という形で残しました。


12:30

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++