綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年04月28日(金)
【不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言】
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。


でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、出会いがない現場だろうと安心してはいられません。


取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。


もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。


どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。


あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄したいというと、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。


やはり、契約前にきちんとチェックしておくことが大事ですね。


むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、ほかのところを探せばよいのです。


ほんとに離婚してもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。


そうは言っても、単独で乗り込んでしまうとさらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。


信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。


信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。


W不倫、しかも職場って多いんですよね。


ただ、知られたところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇はできないのが現実です。


そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、まあ現実では訓戒程度で、具体的な処分はないまま終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。


自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのは避けましょう。


浮気が発覚したことで、相手が逆ギレしてしまってかえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。


それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大きく消耗することになります。


21:48
2017年04月27日(木)
【探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査を】
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をしてもらうことは不可能ですから、信頼性の高い会社でなければなりません。


コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルになる危険性もあります。


困ったことにならないためにも、契約する前にネットの評判などを調べてみて、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。


子供も大きくなったのでパートを始めたところ、そこの店長さんと親しくなって、つい浮気したんです。


子供ができてから今までの間、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、外出、電話、メールが増えて、すぐ主人にバレて、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、両家ともに離婚。


そして双方が慰謝料を請求される事態になりました。


なんとアルバイトの探偵がいるようなことがありえます。


探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。


このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もいくつもあります。


浮気調査をさせようとするときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。


アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。


持ち歩いていて何かと便利なスマホ。


しかしそれが元で浮気がバレたというパターンも増えています。


過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に浮気の証拠が残っていると考えられます。


肌身離さず、ロックまでかけている場合は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけでしょうし、本人のガードも堅いと思います。


浮気を証明する写真といったらやはり、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面につきるでしょう。


個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になる場合が多いようです。


確固たる裏付けとなるような高画質で撮影したいのであれば、探偵業者を利用するにこしたことはありません。


20:54
2017年04月26日(水)
【配偶者が不倫をした場合、あなたの】
配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。


ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、二人の間に亀裂があったと認められる場合は配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。


慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、夫婦の歳、結婚年数など色々な事を考えて裁判所が決定します。


探偵業者を選ぶなら、まずそこの評判を調べるのが不可欠だと思います。


無視できないような悪い評判のある会社では、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。


利用者評価の高い探偵業者であれば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないです。


何より、良い仕事をしてくれると思います。


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。


実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。


さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。


第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。


興信所と探偵事務所の違いとしては、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。


両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような似たような仕事をしています。


しかし、違いをあげるとしたら企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。


これから配偶者の浮気について、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。


ただ、理由もなく安い場合は用心にこしたことはありません。


安いけれど調査品質もそれなりだったという場合もあるので、契約する前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、しっかり確認しておきましょう。


20:36
2017年04月25日(火)
【素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵】
素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのがもっとも確実です。


良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、何社かを比較してみることが大切です。


とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。


高額な請求をしてくる悪どい会社から身を守る予防線のようなものです。


不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。


意外とそんな人は多いです。


でも、そう難しく感じる必要はないようにも思えます。


不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、その証拠を握っておいたほうが絶対的に有利というものです。


興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵業者に調査を依頼するのがいいでしょう。


婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事は可能です(民法779条)。


戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。


不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。


そんなことになる前にどうにかして浮気を止めないと、長い将来にわたって多大な支出を被る危険性があります。


興信所や探偵社などを経営する際は、特に資格や免許などは要りません。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許認可を出してもらうことが不可欠です。


安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。


不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。


結構言い得ているのではないでしょうか。


ただ自分がそうしたいからという理由で、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情が知られた時点で最後だろうなと覚悟してずっと暮らしていくのです。


不倫経験者なんかと結婚しても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、ストレスは相当なものでしょう。


19:00
2017年04月24日(月)
【浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が】
浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。


不信感を抱いてしまった相手と、一生共に生活することはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。


それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると確実に別れさせることもできるはずです。


不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。


普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで差があります。


離婚「しそうになった」からといって高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにしましょう。


探偵がしている仕事(行動)として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。


相手にわからないよう後を追って、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。


調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。


どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが探偵の業務です。


相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。


誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、不倫の対価は高くついて当然でしょう。


パートナーがどういう態度をとってくるかによって違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。


軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。


パートナーが不倫していることに気づいたら、慰謝料の支払いを求めることができます。


ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、しばしば泥沼化してしまいます。


時には裁判を起こさなければいけないケースもあるので、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していくというのも手です。


18:06
2017年04月23日(日)
【あきれた話なんですが、夫の浮気はまるで病気みたい】
あきれた話なんですが、夫の浮気はまるで病気みたいです。


まさかこんなに出てくるとは。


入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。


根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気って妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。


あんな人と人生の伴侶としてやっていく意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。


レシートやクレジットカードを確認すると、浮気のことがわかるものをつかむ事もできるはずです。


まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、普段からその近くに向かっていることになるでしょう。


そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。


法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不貞と定めています。


つまり法律的に言うと、性的に親密な関係ではなかったなら食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。


男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。


浮気の事実関係を委託調査する際には、あり得ないほど低い報酬額であったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所がオススメです。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前調査が必要です。


法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。


婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能で、民法上でも認められた正当な権利です。


一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、手続きとしては最重要なものだと思います。


すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、裁判にまで発展するケースもあります。


子供なんて出来てしまったら大変ですから、どうにかして浮気を止めないと、いずれ大きな金銭的負担を被る危険性があります。


16:30
2017年04月22日(土)
【浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は、頭】
浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は、頭に血がのぼってしまうかも知れません。


どんな人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。


余計な厄介ごとを増やさないためにも確かな証拠を得るためにも探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。


夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。


私なりにわがままを言ったりすることはありますが、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、身仕舞いに気をつけ、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと思っているんです。


探偵に依頼される案件のほとんどは、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。


奥様の第六感的にあやしいから、不倫をしているか調べてくれという場合や、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。


とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが良いでしょう。


浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。


そのような方の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。


プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。


最も身近な人物に欺かれていたために、パートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという例も多いです。


離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。


不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。


厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的な関係を持っていることを言います。


もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に賠償を請求することが可能です。


探偵を頼んで不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。


15:54
2017年04月21日(金)
【主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールする】
主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。


もしかして元カノかと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、ロックしてあって、手も足も出ませんでした。


言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦の財布には痛い出費です。


実家に話して借りるかと思いつつ、思案中です。


調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。


最近の高性能GPSというのは正確で、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、相手車両の発見は容易になりました。


高性能の小型GPSを設置することにより、調査の精度はさらにあがります。


全部がそうというわけではありませんが、探偵社ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところも少なくありません。


複数の会社に相談することもできますから、依頼前に時間をとってでも利用しておきたいですね。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。


専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、漠然とした不安や現在の状況などを整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。


悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。


事務所に相談に行った際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は危ないと思ってよいでしょう。


断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。


誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。


探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、超リーズナブルなコストテーブルや均一価格でOKという会社もよく見かけるようになりました。


ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあり、あとになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、請求トラブルにならないよう注意しましょう。


15:48
2017年04月20日(木)
【動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあり】
動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。


大抵、人の日々の動き方には習慣ができます。


しかしながら、浮気をしている人は動きの法則性が変化してきます。


時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを確認できたら行動を注意深く見ることで、浮気の証明ができる可能性が上がります。


配偶者の浮気がわかったら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、なかなか話がつかないことが多いです。


うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、弁護士を頼んで無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。


もし配偶者が不倫している疑いがあり、初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安いところに目がいきがちです。


とはいえ、安すぎるところは気をつけた方がいいです。


経費を省くため、調査内容がいまいちという場合もあるので、調査を頼む際は、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。


浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。


考えられることは、常時精神的な負担があるということです。


恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情をかかえこみやすくなり、やがて症状として出てくるのです。


また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。


妻又は夫が浮気していることが明らかになっても結婚生活を解消したくないのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやらないほうが無難です。


浮気していることが明らかになってしまうと、相手が逆ギレしてしまってかえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。


しかも、浮気相手に直接関わった結果ひどくイライラさせられてしまいます。


15:00
2017年04月19日(水)
【不倫をやめた原因としてやはり一番多い答えは、浮気】
不倫をやめた原因としてやはり一番多い答えは、浮気が発覚したからだそうです。


とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。


最初から興信所や探偵業者などのプロに浮気調査を任せることにすれば、安全かつ堅実でしょう。


ただ、これは怪しいと気付くのはあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。


ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。


しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。


あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。


相手の不貞行為が判明した場合は、落ち着けと言われても無理かもしれません。


ただ、落ち着いてきてからで構わないので、これからどう対処していくか考えなければいけません。


だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。


メンタル的にはわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。


広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。


いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこが良いやらピンとこないのが当然とも言えます。


探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。


認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。


きちんとした業者かどうかは、届出番号で判断することができます。


ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。


夫が浮気しているところを奥様がつかまえて、ひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。


配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺人にまで到ってしまうストーリーもよく使われます。


浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもあっていいやり方でしょう。


離婚も辞さない覚悟なら、試してもいいと思います。


15:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++