綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年07月12日(日)
【不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内】
不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。


一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。


離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。


業界で名の知れた会社が絶対的に優秀だとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが後悔することが少ないと思います。


会社規模が小さなところでは、満足な調査をせずに完了したと偽り、代金を請求してきたり、料金が不明確だったりする会社もあります。


また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。


納得がいかないようなら依頼すべきではありません。


最近はデジタル技術が発達したので、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見することが容易になりました。


調べたい相手にGPS搭載のスマホを使わせることさえできれば、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。


マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これを使ってみるのも手ですね。


探偵調査業を始めようと思うなら、取り立てて特殊な資格等は求められません。


ただ、平成19年の探偵業法の施行により、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出と誓約書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を受けることが開業の大前提となります。


安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。


子供のいる親が離婚する時は、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


裁判上の親権の判定では、日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への参加度合いなどを重くみる傾向があります。


最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが最優先で考えられているわけです。


15:00
2020年07月11日(土)
【法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男】
法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不貞と定めています。


ということは法に従えば、性関係になければ食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。


個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。


浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、標準的な価格相場ぐらいは知っておいて損はないでしょう。


依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってないわけではありませんから注意が必要です。


それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、追跡調査時の経費や機器代など、割高な支払いを要求されることもあるので、追加料金の発生条件等も、しっかりチェックしておかなければなりません。


ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、調査を依頼するときは代金が必要になります。


スタッフが行う調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。


もっとも依頼の多い追跡調査ですら、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。


ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差は出てくるので、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用はかさむはずです。


興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金を請求されたという事例もあります。


ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルが記載されています。


だからこそしっかりと確認しておかなければいけません。


また、不明なことがあるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも重要ではないでしょうか。


探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが不可欠だと思います。


評価が芳しくない探偵では、見積り時の説明が不十分だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。


ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、法外な料金をとられる危険性はないでしょうし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。


13:00
2020年07月10日(金)
【法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者で】
法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と男女の関係になることを不倫とよびます。


すなわち法律上では、肉体関係を持っていなれば一緒に出かけたりしても、不倫じゃないということです。


性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。


結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に依頼する際には、一般的に浮気調査にあたる人数や調査期間を前もって相談します。


時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査期間が長期になればなるほど支払う費用も高くなるのです。


探偵事務所によっても、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますのでネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。


浮気の定義は、その人の倫理観によっても違うでしょう。


たとえば、自分以外の異性を誉めたり、二人だけで出かけたら浮気したと言って怒る人もいます。


法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞行為と認識されます。


どちらにせよ、夫婦間では不倫を疑われるようなことはするべきではないです。


探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。


どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。


全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。


大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、探偵や内勤職員の指導育成が徹底しており、そうしたところが調査報告書にも表れてくると思います。


近年SNSの利用者が急増しているせいか、SNSから浮気が露見してしまうケースが増えています。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、浮気相手と連絡をとっている可能性が高いです。


配偶者の態度とSNSは浮気の有無を見出すきっかけにもなりえます。


12:30
2020年07月09日(木)
【興信所に頼んでも結果が出ない場合が】
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気調査で相手にその事実がなかった場合などです。


しかし、調査が未熟なことで結果が出ないこともないわけではありませんから、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておくことはとても大事なことです。


それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことが結果を左右するのはいうまでもありません。


配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。


探偵業務にかかる費用は、一般的な浮気調査でだいたい1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかるとみておけば間違いありません。


時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どのような調査を依頼する際でも50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。


プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで、離婚の必要性については考えるべきでしょう。


特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。


養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。


同様に、父親が一人で育てる場合も仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。


興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談までなら無料というところがあるのをご存知でしょうか。


大事な案件を発注するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上で重要な情報が得られるからです。


専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて仕切り直しできるので、おすすめです。


よく不倫のきっかけとして言われるのは、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。


恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が浮気へと走らせるようです。


怒ったところで逆効果ということもありますから、二人でいる時間を作り、自分たちが不安なこと、不満なこと、いろんなことを確認しあうのが肝心です。


言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。


10:54
2020年07月08日(水)
【尾行代金の設定が時間単位で行われている場】
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が少ない費用になります。


ということは尾行を探偵に頼むなら、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。


その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な手間をかけずに済みどちらにもメリットがあります。


有名どころや老舗が最高だとかは言えませんけれども、規模の大きな興信所を選んだほうが損はないと思います。


規模の小さな会社では、調査も満足に行わないうちに高額な料金をとったり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。


そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。


一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。


結構言い得ているのではないでしょうか。


もともと我が身のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯が知られた時点で最後だろうなと覚悟して暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


不倫相手と結婚したって、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、そう落ち着いてもいられないでしょうね。


浮気調査の費用の節約には、自分でできる範囲までは事前に調査しておきたいものです。


調査とはいっても簡単にできることなのです。


パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査資料になります。


毎日の出勤時間、帰宅した時間、電話がかかってきたならばその時間と話していた時間の記録もしておきましょう。


浮気調査を探偵事務所に成功報酬で、依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。


成功報酬と言えば、一般的には結果として不成功となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。


ですから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して求めているような人がいます。


10:12
2020年07月07日(火)
【探偵を頼むにはお金が掛かりま】
探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。


テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、実践してみればそうはいかないもので相手に勘付かれずにつけるのは簡単じゃありません。


変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。


相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。


頻繁に掛かってきたり電話を受けていたり、その電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率は非常に高いと言えます。


そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を、断定することができますね。


ですが気の回るパートナーですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。


もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する場合には相手の身元はおさえておかなければいけませんし、ムカつくでしょうが不倫が継続した証明を掴まなければなりません。


もし貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。


配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをきちんと話し合っておく事が非常に大事です。


別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかを区別して、伝えておく必要があります。


どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくる場合が多いからです。


浮気した事実をカーナビで証明できるのです。


カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられることがあります。


あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意する必要があります。


それに加えて、よくもしガソリンを入れていたら車で会っている可能性があるかもしれません。


09:48
2020年07月06日(月)
【職場内で不倫が発覚しても、あくまでも個人的な事象という】
職場内で不倫が発覚しても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように安易にクビにすることができないのが現実です。


けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の社内の秩序や風紀をみだす畏れという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、厳しいお咎めはなしで終わることが多いようです。


以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。


顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。


ただ、最近はインターネットがあることですし、劣悪な業者かどうかも利用者の口コミなどを見ればわかると思います。


代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いばかりで品質が伴わないところに依頼するというのも馬鹿げています。


結局のところ、費用と実績がうまく合致したところであれば、あとで後悔することもないでしょう。


探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。


実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることも少なくありません。


また、時間給は調査員の人数×調査時間で費用を算出します。


調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。


どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、人それぞれというほかないでしょう。


「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気扱いする人もいますからね。


実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、結婚生活に波風を立てないためには、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えたほうがいいです。


婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事ができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。


いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。


認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。


つまり子供ができてからでは遅く、その前に浮気をやめてもらわなければ長い将来にわたって多大な支出があると思っていいでしょう。


09:00
2020年07月05日(日)
【興信所と探偵事務所の違いとしては、別】
興信所と探偵事務所の違いとしては、別段変わりは無いと言っても言い切れます。


両方とも、浮気調査から身辺調査、行方不明になった人の捜査やストーカーの防止対策などの仕事内容は類似しています。


ただし、どちらかを選ぶとしたら興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。


浮気調査を探偵事務所に成功報酬で、依頼すれば損はしないと思いがちですが実際にはそうでない場合もあります。


成功報酬ならば一般的な感覚としては調査を不成功で終わった時、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


ですから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って利用しようとしている人もいます。


探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれだけでいい訳ではありません。


浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。


そんな状況になった時に、依頼者の立場を最優先に考えてくれるのが信用できる探偵ということです。


探偵を信頼しても良いのかを判断するには、お話を進めるときの印象などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。


浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。


不倫していた相手が明らかになってから3年、もしくは不倫の事実から20年以内でも構わないそうです。


もし時効まで時間がないときには裁判を起こすことで、時間経過をリセットできるんです。


期限まで間がないときは、裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。


探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。


密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。


察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。


相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の仕事です。


07:54
2020年07月04日(土)
【不倫には代償がつきものとは言いますが】
不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくる可能性はあります。


一般的に慰謝料というと、先方が離婚するかどうかで差があります。


離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。


浮気を証明する写真といったらやはり、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンは決定的です。


もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていない場合が多いようです。


証拠として認められる品質のものを入手したいのだったら、探偵に依頼するほうが確実だと思います。


探偵を雇うには、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがやはり一般的ですね。


納得できる会社を見つけるには何社かを比較してみることがコツです。


とくに、相場ぐらいはおさえておきたいところです。


高額な請求をしてくる悪どい会社に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。


浮気の調査をするときには、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが調査に行くのは2人程度なんだそうです。


しかしまだ浮気なのかはっきりしていないケースは、浮気をしているかの確認を調査員1人で調査することが多いでしょう。


浮気をしていることがはっきりとしたら、再度相談をして浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。


実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、大幅値引きな価格を提示したり、均一価格でOKという会社もしばしば目にするようになりました。


ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあり、あとになって料金が割高になることもあるので、正式に契約してしまう前に調査内容や料金の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないようにするべきです。


07:54
2020年07月03日(金)
【興信所、探偵社というものの中には詐欺】
興信所、探偵社というものの中には詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるので、評判をよく調べ、堅実な会社に依頼すべきです。


ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。


曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、わかるまでよく説明してもらった上で依頼するようにしましょう。


探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。


心から信用のできない人間と、死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。


あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。


探偵に調査を依頼するときには、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを知らないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。


2時間の調査で2万円超は想定していると妥当だと思います。


仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用はかさむので、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。


不倫問題を相談したいと思うなら、弁護士に相談するようにしましょう。


離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをそれに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所とか興信所に行って相談するのがいいです。


相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂のタネになりたくないなら絶対にやってはいけません。


探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。


会社概要等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。


受付専任のスタッフがいて、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか見積書が作成されます。


費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。


見積りをもらってから、落ち着いて考えてみると良いでしょう。


あとから内容の変更も可能です。


07:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++