綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年09月26日(水)
【結婚している相方が、浮気しているときでも今後】
結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはするべきではありません。


パートナーを裏切ったことがバレた途端に、配偶者が浮気を正当化したり逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になるかもしれません。


それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大きく消耗することになります。


話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。


不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的関係を持つことをいいます。


もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。


探偵を頼んでパートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つような利用法も少なくないです。


浮気に依存しやすい人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。


考えられることは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。


恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。


そして、裏切られた配偶者もまた、ウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。


SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、SNSから浮気が露見してしまう場合も増えているのです。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。


SNSに関わる相手の態度というのは、浮気の有無を見出すきっかけと言えるかもしれませんね。


全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースが結構あります。


右も左も分からないまま依頼してしまう前にぜひ利用しておきたいですね。


誠実そうな業者かどうか判断する指標になるからです。


先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて冷静に確認できるようになるというメリットもあります。


05:42
2018年09月25日(火)
【浮気されたことによって心に傷を負った人の相談に乗】
浮気されたことによって心に傷を負った人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。


プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。


浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、人生に希望を見いだせなくなるような人も少なくないです。


離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。


広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。


浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこが良いやらピンとこないのがあたりまえでしょう。


個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認可を受ける必要があります。


認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、届出をした正規事業者であるかはこの番号を見れば確認できます。


少なくとも会社のサイトや広告等に番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。


浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになってオプション料金が発生することがあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて記載されています。


このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。


疑問に思ったり心配なことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも怠らないようにしましょう。


知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても気がひけることでしょう。


本名を名乗ることが不安というのであれば、実名を伏せた相談に対応している会社もあるので、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。


パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。


調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、気付かれるような可能性はまずありません。


でも、「探偵を雇った」という事実で緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。


探偵の報告書を受け取るまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。


05:42
2018年09月24日(月)
【不倫の行動追跡調査で、対象に内密に尾行や張り込みなどの】
不倫の行動追跡調査で、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を顧客に売却する探偵の行動が非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。


現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。


平成19年に探偵業法が施行されるまでは、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった問題を防止するべく施行されました。


奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもしばしば見かけたりします。


話に出てくる探偵というのは単純で、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には相手や周囲に気取られないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、非常に難しいです。


相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。


不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいのケースもあります。


実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。


それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。


第三者からみても明白な不倫の証拠を用意しなくてはいけません。


食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには、お通しの注文数から同席していた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。


ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。


仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら一人ではなく誰かといたと推測される場合があるでしょう。


浮気の調査を探偵に任せ、しっかりとした確証が得られれば配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。


信頼のできなくなったパートナーと、死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。


それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、確実に別れさせることもできるはずです。


05:30
2018年09月23日(日)
【昔はどうあれ、現在は探偵と興信】
昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いはその名称のみと考えていいでしょう。


双方とも探偵の業務を行うという点では共通しています。


不倫調査という点でいえば、同じと考えて問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。


とはいえ、得意とする分野については事業者ごとに特徴があるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。


当事者としては悪気はなくても、不倫行為の代償というのは高くて当然です。


配偶者の出方次第でも違いますよね。


ただ、結果的に離婚せざるを得なくなったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。


不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、償っていかなければいけません。


個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査を頼むことはできないので、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、お金を溝に捨てるような事態になった例もゼロとは言えません。


困ったことにならないためにも、契約する前にネットの評判などを調べてみて、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。


複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。


その中で、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増えてきました。


ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあるので、探偵に依頼する際は、契約前にそういった疑問点を解消し、あとで後悔することがないよう気をつけましょう。


会社規模が大きければ大きいほど絶対的に優秀だとは言い切れませんが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと間違いが少ないです。


会社規模が小さなところでは、充分な調査をせずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。


もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども依頼する上では参考になるでしょう。


05:18
2018年09月22日(土)
【浮気している人の嘘ってけっこうわか】
浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。


それには遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。


短い質問なら簡単に答えれば良いのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。


やましいと思っているほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。


視線もキョドりますし、目線を追うとよく分かりますよ。


ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、請求トラブルに発展することがあります。


先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。


あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておくことが大事ですね。


料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、違う業者を当たったほうが良いでしょう。


探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。


テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、予想外の出来事が出てくるのが実際で変に思われず相手を見張り続けるというのは簡単じゃありません。


こちらの行動がバレてしまうと相手は手を打つので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。


相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。


不倫調査で興信所を利用するなら、妥当な価格というものを知っておいて損はないでしょう。


相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるので、身を守るためでもあります。


そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、あとになって必要経費といって、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、契約前に料金の発生条件について、きちんとした説明を求めるようにしましょう。


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。


実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。


また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。


第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。


03:18
2018年09月21日(金)
【着る洋服を見ることで浮気の裏付けを】
着る洋服を見ることで浮気の裏付けをすることもできます。


浮気をすると、目立って現れてくるのは今までとは変わった服装です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意する必要があるでしょう。


この先浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。


SNSを通じて浮気の証跡を、見つかることもあります。


SNSは名前を伏せて利用している事もあるので注意不足で相手が、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が散見されます。


時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに公表している場合もあるのです。


ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。


浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に、依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。


成功報酬と言えば、一般的には調査を不成功で終わった時、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。


そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って利用しようとしている人もいます。


浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。


それには単刀直入に質問してみるといいのです。


嘘を言うときには人は妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。


だから質問は簡単なほうが良いのです。


また、少し訊かれただけで、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。


心に負い目があると、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。


また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。


大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、無料で相談してみると安心で良いでしょう。


家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、いきなり知らない相手に不倫調査をしてもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。


そのような不安を少しでも減らすために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。


01:48
2018年09月20日(木)
【配偶者の不倫行為が発覚したら、とり】
配偶者の不倫行為が発覚したら、とりあえず対応を考えるために平常心を取り戻すようにしてください。


もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料という問題も考えなければなりません。


一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、今後のことについて相談することをおすすめします。


会社規模が大きければ大きいほど一番良いとは断言できないものの、探偵業界では大手業者に依頼すると安定した仕事をしてくれるように思います。


中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。


また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼する上では参考になるでしょう。


興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。


探偵業務にかかる費用は、不倫の調査などで20万円(4万円で5日間)程度を見込んでおくといいと思います。


時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。


今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。


私と結婚する前から、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。


今さら知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。


限度があると思うんですよ。


あんな人と人生の伴侶としてやっていく価値すらないような気がして、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。


パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。


向こうが証拠を押さえていたら、言い逃れはできないです。


その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。


自分に払える額でなさそうだったら、減額が可能かどうか相談してみるのも悪くないかもしれません。


00:12
2018年09月19日(水)
【探偵が浮気調査を行う時でも失敗する場合があるでし】
探偵が浮気調査を行う時でも失敗する場合があるでしょう。


探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することがありえます。


パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。


加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。


離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。


それに、不倫した相手が不倫を認めない時には根拠が必要です。


無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。


既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。


本来大事にすべき相手を騙していることに良心の呵責を覚えるようになったり、W不倫の現実に愛想がつきるということもあるようです。


それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。


もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を要求しようとするのなら尚更念入りに相手への調査が必要ですし、複数回に渡る浮気の証拠を掴まなければなりません。


貴方が、探偵に助けを求めるのならば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を撮影してくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を整えて貰えます。


以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。


素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。


近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、調査内容の信頼度や請求などについてもユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。


安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つける手間を惜しまないことが大切です。


00:12
2018年09月17日(月)
【初めて探偵社に相談するときは、気がひけることでし】
初めて探偵社に相談するときは、気がひけることでしょう。


本名を名乗るのが怖いというのであれば、匿名相談でもオーケーという会社もあるので、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名で詳細を相談することもできるのです。


費用を節約して浮気調査をするには、ある程度自分で前もって調査をすることでしょう。


調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。


パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。


毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅時間、電話がかかってきたならばその時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。


ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、交際相手と一緒にラブホから車で出てくる場面でしょう。


撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、肝心の画像が上手にとれないケースが非常に多いです。


裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しようと思ったら、そういった仕事に長けている探偵を利用したほうが賢明でしょう。


パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料の支払いが発生することもあります。


不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、圧倒的に不利な立場になります。


その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、2ケタ万円から3ケタ万円と幅があるようです。


払える見込みが立たないときは、分割期間の変更や減額を頼んでみるのもありでしょう。


同じ電話番号の人から何度も取っていたり、その電話番号に掛けていたりしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が非常に高いと言えます。


それがわかったら電話番号の主を、調べればいいのですね。


ですが気の回るパートナーですと、浮気相手との電話が終わったらしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。


23:18
2018年09月16日(日)
【本人に気づかれないようにして、誰が見ても明】
本人に気づかれないようにして、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるにはしっかりした機材と技術が必要になります。


浮気現場の写真を撮ったとしても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。


探偵なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が気づかないうちに鮮明に写真におさめることができます。


これから探偵業者を使おうと思ったら、ひとまず電話をかけて話をしましょう。


電話でスタッフと話してみて、細かく相談したいと思ったら、最寄りの営業所まで行きます。


話が済んで依頼するという段取りになったら契約になります。


ここへ来てやっと調査が始まります。


ろくでもない探偵を雇ってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。


詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。


断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。


会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、出来高制を採用している場合もあります。


それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。


一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。


また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、高額な請求が来ることも多いみたいですから注意が必要です。


気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。


浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに肉体関係があることを言うのです。


こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに賠償を請求することが可能です。


怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って浮気の確かな証拠を入手し、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより不倫関係を一気に解消させることにも役立ちます。


22:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++