綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年04月06日(月)
【興信所や探偵は中堅や小規模もいれ】
興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。


インターネットで検索してみるとそこを利用した人のクチコミ評価などが出てくるはずです。


自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、依頼すれば、他より質の高い仕事をしてくれて、不倫の証拠収集も期待できるはずです。


よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、あながち嘘ではないでしょう。


自己中心的な考えで、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


不倫経験者なんかと結婚しても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、ストレスは相当なものでしょう。


浮気があったがために離婚するときに揉めて、離婚調停が必要になるケースは少なくありません。


とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。


気軽に考えていくのがいいでしょう。


本人に気づかれないようにして、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にならないのは仕方の無いことです。


探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。


パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、その裏付けをとる必要があります。


その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。


自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、困難でしょうから、代わりに探偵社に依頼することも候補に入れておくといいかもしれません。


16:42
2020年04月05日(日)
【不倫の行き着く先って色々ありますよ】
不倫の行き着く先って色々ありますよね。


不貞行為を責められた挙句、離婚されたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。


あるいは双方離婚してくっつくことだってあります。


いずれにせよ、不倫でハッピーエンドになることはありません。


不倫の慰謝料請求には期限があります。


不倫していた相手が明らかになってから3年、もしくは不倫の事実から20年以内でも構わないそうです。


ただ、時効間際といっても諦めないでください。


提訴すれば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。


時効が迫っているなら、訴訟に踏み切ることも方法の一つです。


私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。


簡単です。


ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。


普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。


また、少し訊かれただけで、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。


やましいと思っているほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。


また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからもすぐ判別がつきます。


「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫の対価はけして安くはありません。


まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。


本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら相応の代償を払って償わなければいけないのです。


探偵をお願いすると高くなるので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。


テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションは違うもので相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。


気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。


あったことをなかったことにさせないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。


15:00
2020年04月04日(土)
【かつては安値で探偵を引き受ける業者は】
かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。


手抜きをしたってお客にはわからないからです。


ただ、最近はインターネットがあることですし、まともな会社かそうでないかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。


お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけるのは大事なことです。


探偵を頼むにはお金が掛かりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。


勘付かれれば警戒をされるものなので、怪しい行動は控え浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。


絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。


会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、探偵業界では大手業者に依頼するとリスクを避けることができるのでオススメです。


規模の小さな会社では、満足な調査をせずに完了したと偽り、代金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。


また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。


納得がいかないようなら依頼すべきではありません。


妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気現場を押さえようとすることはするべきではありません。


浮気が発覚したことで、妻または夫の頭に血が上って居直ってしまって離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。


それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかもしれません。


浮気調査の費用節約というと、ある程度自分で前もって調査しておきたいものです。


難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。


ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで立派な調査なのです。


毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していればその時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。


15:00
2020年04月03日(金)
【不倫の理由にしばしば挙げられるの】
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったからだそうです。


言葉は違っても結局はそれみたいですね。


恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが浮気へと走らせるようです。


怒ったところで逆効果ということもありますから、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、いろんなことを語り合うことも大事です。


パートナーの不倫が元で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停が必要になることもしばしばあります。


とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて裁判所内で協議が行われるため、夫婦やその関係者だけで話し合うより解決に向けて進展しやすいため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。


緊張せずリラックスして臨みましょう。


探偵事務所を探す方法としては、評判や口コミを調べるのが大切です。


間違えないでいただきたいのは、依頼を検討している探偵事務所のHPに記載されているような口コミではなくて、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに記載されている口コミをチェックするといいでしょう。


その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、信頼性が高いのは明白です。


浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになってオプション料金が発生することがあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、別料金を含む料金の算定方法が記載されています。


だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。


よくわからないことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのもおろそかにしてはなりません。


人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、相手を訴えてやるのだそうです。


結構マジメな話です。


ただ、裁判となれば裁判費用が要ると聞いたことがあります。


ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかとアドバイスしたんです。


なんだか妙に納得されました。


14:00
2020年04月02日(木)
【浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうの】
浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。


でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。


探偵への浮気調査の依頼は、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所ごとにも金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いすると良いでしょう。


浮気していたことがわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。


証拠に採用されるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。


スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として採用されるケースがあります。


浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので調査費用は安くなりますよね。


ですが、いつ浮気をしているか特定できているなんていっても見知っている人にお願いして写真を撮るようにすると、多くが失敗するに違いありません。


知られずに証拠写真を手に入れるには、プロに任せるのが一番でしょう。


事前に成功報酬と言われていても、例えば調査内容が浮気についてだった場合にはその際の調査期間が3日間だったとすると、その3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。


実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、浮気調査は終了してしまい成功報酬としての料金を請求されます。


同じ電話番号の人から何度もまた掛けている、また掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。


そうしたらその電話番号の相手が誰かということを、突き止めるだけでいいのです。


ですが気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。


12:54
2020年04月01日(水)
【以前も夫は浮気していたのですが、再びそ】
以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。


何社か問合せをしていくうちに、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵さんに調査を依頼しました。


覚悟していたとはいえ、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。


来週30歳の誕生日を迎える公務員です。


妻はひとつ年下で専業主婦をしています。


先週末に突然、まさかの不倫発覚。


妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。


修復の見込みがあるのでしょうか。


浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。


放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、はっきりと手を打たせてもらいましょう。


配偶者の浮気がわかったら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。


裁判で決着をつけなければならないでしょうし、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、なるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。


GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、移動の様子を常時監視し移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して様々な分析をすることも可能です。


普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


これで、相手がどこに立ち寄ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。


相手に全く覚られずに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむにはしっかりした機材と技術が必要になります。


せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が不足して顔の見分けが付かなければ残念ながら証拠とは言えません。


浮気の調査を探偵に任せると、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間に客観的な証拠を撮影してくれます。


11:18
2020年03月31日(火)
【探偵業者と一口に言っても、中には詐欺のような】
探偵業者と一口に言っても、中には詐欺のようなタチの悪い会社があるので、依頼するなら事前に情報を集め、信頼ベースで選んだほうが良いですね。


ところで、不倫調査を依頼しても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。


調査費用、所要期間(時間)等については、納得いくまで説明を聞いてから契約するようにしましょう。


よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。


要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。


男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、身仕舞いに気をつけ、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えているのですが、甘いですか?以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。


安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいるところに調査を頼んで、結果を待ちました。


いくら浮気を疑っていても、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。


探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないようにきめ細かく配慮しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に身分や目的を開示してから公然と調査を行うことが多いです。


目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と結論できそうです。


まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。


ただ、あまり深刻にとらえることもないのではないでしょうか。


離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても不利にはならないですからね。


現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、興信所に頼んでみることを推奨します。


11:12
2020年03月30日(月)
【探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、浮気】
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、浮気の追跡調査です。


とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを具体的に説明しますね。


一般的な浮気調査では、依頼人から提供された対象情報を参考にターゲットの尾行をします。


対象に気づかれては元も子もないので、ここぞという日時に限定して追跡し、浮気の裏付けをとります。


一番明らかな証拠は写真ですね。


まず探偵に関して言うと、不審に思われることを避けるよう警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に自分の所属を明かして表立った調査をしているようです。


そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと見てよさそうです。


「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは人それぞれというほかないでしょう。


たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と言う人も、いないわけではないです。


法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで「不貞」となります。


まあ、結婚生活に波風を立てないためには、夫婦間では不倫を疑われるようなことは慎むにこしたことはありません。


興信所や探偵社で行う浮気調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。


それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。


すごくトクな感じがします。


でも、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、受け付けてもらえないこともあるそうです。


さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際はかなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


探偵社には調査報告書というものがありますが、書式は一定ではないようです。


それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、なんでも証拠になるというわけではないので、良質な情報を備えた報告書である必要があります。


あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定するのをお勧めします。


10:54
2020年03月29日(日)
【法律の中で、夫婦関係にある人】
法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不倫といいます。


つまり法律的に言うと、肉体関係を持っていない場合には普通のデートをしたとしても、不倫じゃないということです。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。


よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。


要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。


男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、身仕舞いに気をつけ、女らしいふるまいを心がければいつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えているのですが、甘いですか?いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。


探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、察知されることはほとんどないと思っていいでしょう。


また、意外なところでは、調査を依頼したことで緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が用心してしまうというケースもあります。


探偵の報告書を受け取るまでは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。


同じ電話番号の人から何度も取っていたり、また電話をかけ直していたりするとその相手が浮気相手であるという可能性はとても高いと言えるでしょう。


それがわかったら電話番号の主を、突き止めるだけでいいのです。


ですが気の回るパートナーですと、浮気相手と電話をしたあとに着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。


探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。


ただ、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、慣熟したスキルというものが必要です。


まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。


しかし一部の業者では調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるそうですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。


金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。


それが、お金も時間も無駄にしないコツです。


08:24
2020年03月28日(土)
【浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行し】
浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。


現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。


探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、違法な詐欺まがいの業者との様々な被害から個人を保護するために定められました。


子供のいる親が離婚する時は、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。


でもそれは、絶対的なものではないのです。


基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与といった点を見ていきます。


つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。


昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。


素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。


とはいえ現在は、ウェブを見れば劣悪な業者かどうかもクチコミ評価などを見て判断することができます。


値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高いばかりで品質が伴わないところに浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を調べて依頼するのが一番です。


W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。


自分とのことを考えてくれている人に対し、自責の念を感じ、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。


それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、別れようという気持ちになりやすいといわれています。


いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。


人が動く範囲は決まっていますから、対象地域に営業所があるかどうかネット検索すれば会社の数は限定されます。


ある程度の選別ができたら電話で相談員に調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。


いくら悩んだところで実際に話してみなければ、信頼できる探偵社かどうかわからないですからね。


07:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++