綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年12月16日(土)
【お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機に】
お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたからというのが少なくありません。


自分とのことを考えてくれている人に対し、自責の念を感じ、浮気相手との不毛な駆け引きに辟易するのです。


もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。


子供のいる親が離婚する時は、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


基本的に親権というのは、日常生活を共に送れているかや子育てに対する積極性などを重くみる傾向があります。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。


性別にかかわらず不倫している人は、ウツの症状を持っている場合が多いです。


その背景にあるのは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。


どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、精神的な疲労や不信感、無力感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってメンタル面の病気になりやすいです。


夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。


しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、いよいよ離婚という運びになりました。


これから女手一つで、この子たちを養育していく責任があります。


夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、安全のために公正証書を作成しました。


探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。


相談して仮見積りを出すところまでは個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。


しかし、いざ依頼するとなるとどのような会社でも契約が必要です。


そこで必要な個人情報の開示は不可避です。


00:54
2017年12月15日(金)
【浮気調査に必要な期間は、多くの場】
浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3〜4日間です。


とはいっても、これはあくまで一般的なケースです。


調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。


逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。


浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、標準的な価格相場ぐらいは知っておくべきでしょう。


割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。


また、安価な価格設定で顧客を誘い、あとになって必要経費といって、割高な支払いを要求されることもあるので、コストテーブルについては事前に、しっかり確認させてもらうようにしましょう。


はからずもご主人の浮気が露見した場合、ベストな対応をするべく、平常心を取り戻すようにしてください。


どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料という問題も考えなければなりません。


夫婦で話し合う時間を確保し、これからどうするかしっかり話し合うと良いでしょう。


探偵業者ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが結構あります。


初めて探偵の仕事を依頼するのですから、是非とも活用したいサービスです。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める助けになるでしょう。


また、相談員と話していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて洗いなおすきっかけにもなります。


婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能で、民法上でも認められた正当な権利です。


一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。


不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは家裁に訴えることもできます。


つまり子供ができてからでは遅く、その前に浮気をやめてもらわなければ長い将来にわたって多大な支出も生じかねません。


00:36
2017年12月14日(木)
【不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、】
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。


実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。


さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。


第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。


探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に勘付かれずにつけるのは簡単じゃありません。


相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。


絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。


探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、無視することができないファクターでしょう。


このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。


信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、むこうの事務所の代わりに、喫茶店やファミレス等で打ち合わせさせてもらうのも手です。


違法な勧誘の防止にもなるので安心です。


法律上では、既婚者が自分から夫婦ではない異性と肉体関係を持つことを不倫と定義しています。


すなわち法律上では、性関係になければ食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。


不倫がわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。


証拠に採用されるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。


スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められることも多くなりました。


00:00
2017年12月12日(火)
【私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した妻は子供がで】
私は31歳の自営業者です。


2年前に結婚した妻は子供ができるまでパートに出ています。


つい最近、あちら側の浮気が発覚しました。


指摘された妻のほうは逆ギレで、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。


頭がパニックです。


彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。


このままなかったことにするつもりなら、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。


レシート、クレジットカードを調べると、浮気の証拠を把握することもできる可能性があります。


いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回視界に入ることが多くなったら、その近辺に普段から向かっていることになるでしょう。


そこで逃さず見ていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。


GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。


普段、運転しないような人の場合は、普段は持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。


こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。


不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。


なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないケースも充分にありえるからです。


そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、調査で証拠を確保することをおすすめします。


一部の探偵がアルバイトの事例がございます。


アルバイト、探偵で検索すれば、求人情報が表示されます。


ということは、バイトを使っている探偵事務所も多くの例があるということです。


浮気調査を頼むときには、個人情報を教える必要があります。


バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。


21:24
2017年12月11日(月)
【懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会】
懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥る危険性が高いです。


以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということで当初は男女を意識せず、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。


同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。


不倫の問題を相談するなら、弁護士がいいでしょう。


離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをまず考えてから相談するといいでしょう。


また、不倫の証拠を掴みたいときには、相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂の対象になりたくないのであれば絶対にやってはいけません。


興信所、探偵社というものの中には怪しいサギまがいの業者があったりしますから、評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。


一般的な浮気調査であろうと、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。


どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、説明をしてもらって納得できたら依頼するようにしましょう。


相手の不貞行為が判明した場合は、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。


ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。


そもそも不倫は、やったほうが悪いのです。


精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。


配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、ぜったい裏付けをとるべきです。


あきらかな不倫の証拠というと、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。


自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、危険も伴いますし、興信所を活用することも候補に入れておくといいかもしれません。


21:18
2017年12月10日(日)
【この頃はついうっかりスマホを放置して】
この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。


スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えられます。


いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。


不倫に関する問題を相談するなら、弁護士に相談することをオススメします。


考えてから相談しましょう。


それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。


知人などに相談してしまう方もいますが、後で噂になりたくないならどんなことがあっても止めましょう。


探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に繰り返すことがあります。


連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メールや着信履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。


その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、累積として一層厳格な処置が大事だと思います。


探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。


平均的な調査料金ですが、浮気調査を例にとると、20万前後(期間5日)が必要です。


調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意しておくと不足はないと思います。


浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻からすると浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。


信頼を裏切る浮気を野放しにすることはできません。


浮気の裏付けをとる方法は身近なところでケータイチェックでしょう。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。


20:54
2017年12月09日(土)
【カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビか】
カーナビにより浮気の事実を証明できます。


カーナビから履歴を確かめ、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられることがあります。


あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けなければいけません。


そして、何度ももしガソリンを入れていたらデートに車が使われている可能性があるかもしれません。


GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取付して、行動の様子をリアルタイムで監視し現在地を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して様々な分析をすることも可能です。


車より公共交通機関などを利用する人には、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


それによって、相手が行った場所やそこで過ごした時間もわかるでしょう。


フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。


ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう行動を見守り、不倫等の証拠を押さえることです。


悟られることがまずないとはいえ、尾行する人間は相手の行動を冷静に想定しておかねばなりません。


予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、「ごく普通の探偵」の業務です。


探偵事務所の探し方として、口コミを確認する方法があります。


当然、その探偵事務所が運営するサイトに掲載されている口コミなんかではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトにある口コミを調べる方が信頼できます。


その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、信頼性は高いものになるはずです。


名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。


ネットを活用すれば、探偵社の評価や得意分野等を見ることができると思います。


土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で満足度の高いところを選んで、話をすれば、あとは業者に任せるだけで済み、その成果も期待できます。


20:48
2017年12月08日(金)
【完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と】
完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。


たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは考えなしにやっているというのが現実だったりします。


慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。


探偵の一部はアルバイトのようなことがありえます。


探偵のアルバイトを探してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。


ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。


浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。


バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。


パートナーの浮気で裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気していたという証拠がなければいけません。


証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられることも多くなりました。


探偵業者に調査を依頼する場合、平均的な価格について知っていないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。


2時間の調査で2万円超は予想している必要がありますから、安いものではありません。


仮に尾行の日数を増やそうものなら、依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。


不倫調査で探偵を頼む場合、簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは珍しいことではありません。


相談して仮見積りを出すところまでは個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者もかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。


でも、仕事として発注する場合は契約書を交わすことになりますから、ある程度の個人情報が知られることは避けることができません。


19:06
2017年12月07日(木)
【私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した】
私は31歳の自営業者です。


2年前に結婚した妻は子供ができるまでパートに出ています。


つい最近、まさかの不倫発覚。


妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、以降、口をきいてくれません。


修復の見込みがあるのでしょうか。


浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。


謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。


当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、契約を破棄したいというと、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。


あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。


料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、ほかのところを探せばよいのです。


探偵の場合には、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。


そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと見てよさそうです。


成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。


そのため、成功報酬制を採用している方が浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。


調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼すると安心です。


普通、離婚となると、不倫していた親のほうは子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。


道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたか等に重点を置いて判断します。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかがカギなのです。


19:00
2017年12月06日(水)
【せっかく探偵が問題なく仕事をしてい】
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまいパートナーに気づかれてしまって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。


浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。


充分な調査が出来なかったときの費用についても、依頼をする時に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。


一般的に不倫の証拠に使える写真というと、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンなどは、はずせないです。


撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていない場合が多いようです。


裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影したいのであれば、探偵に依頼する方が良いのではないでしょうか。


費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。


調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。


何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。


毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。


以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。


比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵会社に調査を依頼しました。


いくら浮気を疑っていても、決定的な証拠を目の前にすると、のどの奥が固まるような気分でした。


ふつうの金銭感覚でいうと、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、けして安いものではありません。


ただ、安さで依頼したところで不倫の決定的証拠が得られなかったら、時間とお金の無駄遣いですよね。


結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、高額な代金を請求するところが相応の調査能力があるかというと、一概に決めかねるところがあります。


19:00

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++