綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年05月23日(水)
【スマホに買い換えたときは「いつでも使ってい】
スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。


すぐ、不倫かなと思ってしまいました。


知り合いかそうでないのか確かめようと、ケータイチェックを試みたものの、ロックしてあって、わかりませんでした。


泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。


どうしたらよいのか、最初の一歩を踏み出せないでいます。


かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。


顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。


近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、まともな会社かそうでないかは評判を集めるのは可能です。


安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用対効果がきちんとある会社であれば、あとで後悔することもないでしょう。


たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は興信所や探偵社ごとに変わってきます。


一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、ちょっと手間でも何社かで見積書を提示してもらうことを推奨します。


そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。


それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査時間の短縮になる上、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。


法律の中では、婚姻関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不貞と定めています。


すなわち法律上では、性関係になければ一緒に出かけたりしても、不倫ではないのです。


個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。


浮気調査に対して探偵に払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で費用が算出されます。


調査にかかる時間が短いほど請求額も少額となります。


10:12
2018年05月22日(火)
【一般に知られている通り、同窓会での再会】
一般に知られている通り、同窓会での再会は、既婚者同士の恋愛に発展することも大いにありえます。


以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。


クラス会が終わってから、配偶者が不審な行動をするようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。


パートナーが不倫していることに気づいたら、慰謝料の支払いを求めることができます。


ただ、当人たちだけで話し合うと、感情的な理由が根本にあるためか、横道にずれたり頓挫することも多いです。


裁判で決着をつけなければならないでしょうし、そうなる前に弁護士にお願いして、トラブルにならないよう交渉してもらうのも「あり」ではないでしょうか。


浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。


証拠が揃い浮気が間違いなくなったならば、次に浮気相手の素性を入手する必要があります。


パートナーの日々の行動を追跡したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながらパートナーと不実を働いている相手を押さえるのです。


成功報酬と言って誤解されがちなのは、仮に浮気調査について依頼した場合には調査期間が3日間だったとして、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。


実際には浮気していたとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。


パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料の支払いが発生することもあります。


向こうが証拠を押さえていたら、圧倒的に不利な立場になります。


慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。


支払いが無理そうなら、額を減らしてもらうよう交渉するのもありでしょう。


07:54
2018年05月21日(月)
【浮気調査でなにより大事なのは、】
浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。


確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。


残念にも伴侶の不実が確かなものとなったら、次に浮気相手の素性を入手する必要があります。


仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、見張りなどの方法も用いてパートナーと不実を働いている相手を押さえるのです。


会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、出来高制を採用している場合もあります。


証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。


ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは断るときもあるそうです。


さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


性別にかかわらず不倫している人は、ウツが多いですね。


その大きな要因は、やはり精神的なストレスでしょう。


交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。


また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。


浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、相当低い料金設定であったり高料金に設定されている事務所ではなく、細やかな料金設定がされており追加の調査料を払わなくて済むような探偵社が安心安全です。


そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。


違法調査を実施しているところへは依頼しない方が得策です。


探偵を使い慣れている人っていませんよね。


配偶者の浮気で、興信所で調べてもらおうと考えているなら、価格の安さが気になりますよね。


ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心したほうがいいです。


やはり安かろう悪かろうというパターンもあるわけですから、調査を頼む際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかもチェックしておかなければいけません。


06:24
2018年05月20日(日)
【27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、同い年の妻は】
27歳の公務員(男)です。


一年前に結婚し、同い年の妻はパートで病院の受付をしています。


先週末に突然、あちら側の浮気が発覚しました。


妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、反省した気配もありません。


このままやっていく自信がありません。


妻から傷つけられるとは思いませんでした。


謝罪も反省もないなら、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。


調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。


肝心の精算の仕方ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割ができるところもいくつかあります。


早く浮気の証拠が欲しいけれどもお金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を見つけると機会を逃さなくて良いですね。


興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、無料で相談に応じてくれる場合が結構あります。


複数の会社に相談することもできますから、依頼前に是非とも活用したいサービスです。


相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定するのにはうってつけだと思います。


ベテランのスタッフと話をすることで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を仕切り直しできるので、おすすめです。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめます。


携帯電話は浮気相手との連絡手段として使うのが当たり前だからです。


近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。


ですから、空き時間に電話することは十分ありえるのです。


パートナーが不倫していることに気づいたら、慰謝料の支払いを求めることができます。


しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、自分の立場を主張することに躍起になって、横道にずれたり頓挫することも多いです。


うまくいかないときは訴訟になることもあるわけで、そうなる前に弁護士にお願いして、無理のない問題解決を図るというのも手です。


06:12
2018年05月19日(土)
【運転する人の目につかないところにGPS端末を取】
運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、行動の様子をリアルタイムで監視し今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し分析することもできます。


あまり車を運転しない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。


GPS装置を用い、良く行く場所を調べてその近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。


依頼するお金が無い場合には、端末などで調べるのもひとつの方法ではあります。


GPS装置がつけられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。


不倫がわかり、離婚のための裁判になると、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。


たとえば、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが証拠として認められることが増えました。


不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で調査をすることも、ないわけではありません。


行動追尾や張り込みは言うまでもなく、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をすることもあります。


それに、あくまでも企業秘密で、違法ではないけれど極秘の調査手段がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。


探偵が使う追跡グッズというものは、自分で購入できるのかといえば購入できます。


追跡グッズは、GPS端末を一般に用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入できます。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなのでいかなる人でも買えるのは当たり前です。


06:12
2018年05月18日(金)
【不倫と浮気は同じように会話の】
不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。


いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的関係を持つことをいいます。


こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料を求めることができます。


相手が油断している間がチャンスです。


探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、賠償請求を相手に突き付けることにより懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つという手もあります。


動きを記録しておくことで浮気の根拠を示せることもあります。


毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合習慣ができます。


けれども、浮気をするとその習慣が変わってしまいます。


揺らぎの出た曜日、時間帯を決定づけることができたら注意して動きを観察するようにすると、浮気の証明ができる可能性が上がります。


探偵事務所の探し方として、評判や口コミを調べるのが大切です。


そのようなときには、該当する探偵事務所の公式サイトに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに記載されている口コミを確認するのがお勧めです。


その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼性が高いのは明白です。


もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、歴然とした法律上の違いが存在するんですよ。


便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法に定められている通り公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。


きちんとした法律に定められているくらい依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。


立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所を調べて近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、いつかは来るはずですから、その実態を把握することは可能です。


調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのもひとつの方法ではあります。


GPS装置がつけられていることが知られてしまう恐れもあります。


06:00
2018年05月17日(木)
【たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事な】
たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。


営業所に話をしにいった際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。


相談後、しつこい電話勧誘がくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。


旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。


気をつけるべきなのは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。


私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本心からの喧嘩に発展しそうなことは言いませんし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、外見にも気を遣い、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、夫婦円満で不倫もないと考えています。


不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。


もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、証拠さえ入手すれば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。


私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。


転職や家庭崩壊など、それなりの報いを受けるわけです。


これから配偶者の浮気について、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、一律いくらとか安価なところは魅力的です。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は気をつけた方がいいです。


価格なりの低レベルな調査に終わる場合もあるので、正式に依頼してしまう前に、誠実な会社なのかどうかは、しっかり確認しておきましょう。


浮気を証明する写真といったらやはり、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるところなどは定番中の定番といえます。


もちろんシロウトでも撮影はできますが、肝心の画像が上手にとれないケースがあります。


裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。


04:42
2018年05月16日(水)
【探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝え】
探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにやってもらうことはできませんから、信頼性の高い会社でなければなりません。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、未熟な調査能力のせいで想定外な事態や不愉快な結果となる危険性も考えなければいけません。


困ったことにならないためにも、契約する前にネットの評判などを調べてみて、誠実そうなところを選ぶことです。


これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、浮気相手と共にホテルに入るシーンは決定的です。


もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。


ちゃんとした証拠として使えるような写真を得たいなら、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。


浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査期間は短くなりますので調査費用のお財布への負担を減らせるのです。


しかし、浮気をしている日時が把握していても顔見知りにいって写真を撮ってくれることになっても、ほとんど駄目でしょう。


勘づかれないように写真を撮りたいときはプロに任せるのが一番でしょう。


小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では代金を支払った上で仕事を依頼することになります。


調査員が行う作業いかんで見積り額も変わってくるでしょう。


単純そうな行動追跡でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。


どのくらいの期間を要するかでもコストテーブルは変わってくるため、調査が長期や長時間になれば費用も多く見込まなければいけません。


よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。


私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。


また、家計のことで責めることもしません。


男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。


私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。


01:54
2018年05月15日(火)
【武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではあり】
武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、しっかりとしたスキルが必要です。


そういった教育に配慮がないところでは、教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあると聞きますので、気をつけなければなりません。


価格に見合った技能を持った探偵が調査することが確実な成果につながるのです。


スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、SNSから浮気が露見してしまうことが増えているのも、当然かもしれませんね。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新するようになったら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えていいでしょう。


相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料と言えるかもしれませんね。


最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。


比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた興信所に調査してもらいました。


いくら浮気を疑っていても、あれだけの証拠を目の当たりにすると、頭の奥がスーッと冷えました。


不倫関係に終止符をうたせるには、きちんとした不倫の裏付けをとって、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。


不倫の相手のほうでは悪いことをしている感覚はあまりないというのが現実だったりします。


賠償を求めることで、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。


パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、浮気していたという証拠がなければいけません。


どのようなものでも証拠になるというわけではなく、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。


近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されることが増えました。


01:54
2018年05月14日(月)
【私がどうやって浮気者の嘘を見抜い】
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。


簡単です。


遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


嘘を言うときには人は妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。


だから質問は簡単なほうが良いのです。


それに、ちょっと聞いただけでどんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。


後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。


目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。


アルバイトとして探偵をしている人がいるときがあるのです。


探偵をするアルバイトを検索してみると、なんと求人の情報があるのです。


ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所も多いのです。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。


バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。


浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。


相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。


でなければ不倫行為から20年以内だそうです。


時効が迫っているときは提訴すれば、期限がリセットされるのです。


期限まで間がないときは、訴訟に踏み切る手を使うほうがいいでしょう。


「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、自らがした不倫の償いは、おそらく高くつくでしょう。


まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも違いますよね。


ただ、単純に離婚されるだけではなく、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。


軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、高い賠償を払ってこれからを生きていかなければなりません。


不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、訴訟では思うような結果にならないかもしれません。


なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めない場合もあるのです。


そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。


思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことは本意ではないはず。


だからこそ、裏付け調査を探偵に依頼しておくべきです。


01:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++