綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年10月16日(水)
【単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査】
単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、感情に任せてトラブルになる可能性も無視できないでしょう。


探偵業者でしたら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に目的を完遂することができるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。


ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。


とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、気付かれてしまったという事例もあります。


調査が完了するまでは、普段と変わらないようにしてください。


お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。


裏切っていることに対してあらためて良心の呵責を覚えるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きに愛想がつきるということもあるようです。


また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、後ろめたさも手伝って、ついに別れることに積極的になるでしょう。


普段は無縁な探偵社ですが、とんでもないインチキな会社もあったりしますから、依頼するなら事前に情報を集め、堅実な会社に依頼すべきです。


ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。


調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。


不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。


ただ、浮気というのは意外とあるもので、女性の気配のないような会社でも用心してかかったほうがいいのです。


取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。


挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、浮気調査を探偵にしてもらえば、いたずらに心配せずに済み、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。


02:36
2019年10月15日(火)
【探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりし】
探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査対象となる人が住んでいる地域の会社をあたってみると良いでしょう。


ローカルに強い探偵なら、調査を進めやすく、克明な報告を得ることができるでしょう。


それと、依頼内容次第では得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。


法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、訴訟ではおそらく不利になると思います。


なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないということも、起こりうるからなんですね。


そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。


誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを回避するには、あらかじめきちんと調査するほうがいいでしょう。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。


携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うのが当たり前だからです。


今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする機会も増えましたが、浮気相手の「声」を聞きたいと思うことは安易に予想できます。


ふとした時に電話している可能性はもちろん考えられます。


27歳の公務員(男)です。


一年前に結婚し、妻は子供ができるまでパートに出ています。


情けない話ですが、先週、同僚の男との浮気が判明。


しかし、妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、以降、口をきいてくれません。


頭がパニックです。


妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。


謝罪がなければ、はっきりと手を打たせてもらいましょう。


不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。


不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、逃げおおせることはできないでしょう。


慰謝料として要求される金額は、50万くらいから何百万円までと本当にケースバイケースで異なります。


支払いが無理そうなら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも悪くないかもしれません。


01:30
2019年10月14日(月)
【浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してし】
浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという例も少なくないようです。


不倫現場を見つけられて、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。


言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、興信所などを使って調査してもらい、不倫の証拠をおさえて、責任をとらせるべきではないでしょうか。


以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、これは浮気しているなと思いました。


私たち夫婦の身近な人間なのかなと、ケータイチェックを試みたものの、なんと、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。


泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。


どうしたらよいのか、最初の一歩を踏み出せないでいます。


探偵会社あるいは興信所の相違点は、これと言って無いと言っても良いでしょう。


共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような似たような仕事をしています。


ただし、差があるとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。


探偵の仕事といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。


対象にそれと悟られないよう追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。


悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりません。


どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが「ごく普通の探偵」の業務です。


興信所や探偵社などを経営する際は、資格や免許はこれといって要りません。


ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許認可を出してもらうことだけは省略できません。


安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。


01:18
2019年10月13日(日)
【探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを】
探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。


証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。


ただ、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースではお断りというパターンもあるようです。


さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談します。


心配なら非表示でかけるのもOKです。


電話を通した相談で感触が良く、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。


打ち合わせが済んで、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから調査が始まります。


浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で、依頼したら損しないかと言うと場合によってはそうでないこともあります。


条件が成功報酬であれば調査を不成功で終わった時、料金支払いが不要となるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


それ故に、成功報酬の探偵事務所に特定して利用したいと思っている人もいるのです。


一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。


結構言い得ているのではないでしょうか。


自己中心的な考えで、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、うまく結婚したところで、自分たちの事情が知られた時点で最後だろうなと覚悟して暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


一度不倫を経験してしまうと、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。


興信所と探偵事務所の違うところですが、格別違うところが無いと言っても言い切れます。


浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな類似した仕事をしています。


しかし、違いをあげるとしたら興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。


00:48
2019年10月11日(金)
【不倫の行き着く先って色々ありますよね。パ】
不倫の行き着く先って色々ありますよね。


パートナーに浮気の事実をつきとめられ、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることも考えなければなりません。


そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する場合もあります。


金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんて求めてもムダというものでしょう。


興信所を使うときの代金はまちまちで、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。


高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、確実にそうだとは言えません。


せっかく時間とお金を費やしておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないという結末にならないためには、あらかじめ標準的な費用について調べておくべきです。


浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。


疑問が確信に変わりきらないケースでは調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。


残念にも伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。


主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。


いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。


選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。


ちょっとウェブで調べてみると、そこを利用した人のクチコミ評価などが出てくるはずです。


都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、依頼すれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠収集も期待できるはずです。


たとえ不倫調査という正当な理由があっても、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を依頼主に提供する探偵の業務は悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。


探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。


2000年代中頃にこの法律が制定される前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、不当な行為を働く業者によるトラブル発生抑止のため策定され、現在に至ります。


21:54
2019年10月10日(木)
【世間的には離婚した際、たとえ実の親子】
世間的には離婚した際、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


倫理的に言うとそうかもしれません。


ただ、裁判所は違う考え方をします。


調整や裁判での子供の親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への関与などを考慮します。


調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを最も重要なことと考えているようです。


浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。


理由は、やはり精神的なストレスでしょう。


どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を抱きやすくなるのは当然で、その結果、それがウツにつながるのですね。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。


尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


当たり前のことですが、調査員が1人なら安く多いほど高くなります。


そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので確認するべきでしょう。


相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねるケースもままあります。


浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているかもしれないのです。


言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、興信所などを使って調査してもらい、不倫の証拠をおさえて、お灸をすえてやりましょう。


子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、浮気してしまいました。


ずっと家庭から出ず、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。


以前と変わったところがあったのか、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うという結果になり、後悔しています。


21:36
2019年10月09日(水)
【依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれだけ】
依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれだけでいい訳ではありません。


浮気の事実があるのか調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。


そういう時には、依頼した人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。


信頼できる探偵かを確認するのには、相談中の相手の印象を見るようにして落ち着いて決めてください。


事前に成功報酬と言われていても、例えば浮気調査を依頼したケースでは調査期間が3日間だったとして、その3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。


実際に浮気があったとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら浮気かどうかの証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。


探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人情報を教えるのは気が進まないというのは人として正しい反応だと思います。


初回相談(見積り)までは個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。


でも、仕事として発注する場合は契約や詳細説明は必須ですから、そこで必要な個人情報の開示は避けられないでしょう。


調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。


まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先によく考えておくことが賢明です。


夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。


相手が全然知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためにはしっかりした機材と技術が必要になります。


浮気の現場をカメラに収めても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠として扱われません。


探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。


20:36
2019年10月08日(火)
【着ている服を見て浮気の実証ができます。浮気】
着ている服を見て浮気の実証ができます。


浮気をすることで、目立って現れてくるのは変化していく服装です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったらよく見ることが重要です。


いつか浮気しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。


自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。


経験豊富な探偵に依頼したら、欲しい浮気の証拠がつかめます。


素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。


しかし、相手を責めたてても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。


有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。


主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。


知り合いかそうでないのか確かめようと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、なんの情報も得られませんでした。


泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦のへそくりもないので、ためらっているところです。


GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て張り込んでいると、必ず相手はやってくるはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。


調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも方法の一つです。


ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。


どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。


自分以外の異性に優しくしたとか、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。


実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞ということになります。


しかし、一般的には、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えたほうがいいです。


18:42
2019年10月07日(月)
【浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なりま】
浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。


星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる会社もあるようです。


高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、確実にそうだとは言えません。


高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでしたなんてことにならないよう、契約前に調査費用の平均値ぐらいはチェックしておきましょう。


GPS端末を使い、良く行く場所を調べて見張っていれば、いつかは来るはずですから浮気の証拠をつかむことができると思われます。


調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのもやってみて損はないと思われます。


GPS端末が付けられていることが知られてしまう恐れもあります。


探偵に依頼される案件のほとんどは、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。


なんとなく行動が怪しいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなどニーズに応じた調査を行います。


とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、確実な裏付けが必要ですから、仕事慣れした探偵に頼むのが一番だと思います。


一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。


選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。


インターネットで検索してみると探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などがわかるでしょう。


土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で好評価を得ている探偵を見つけて、依頼すれば、他より質の高い仕事をしてくれて、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。


探偵を依頼することで、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。


相手の様子が浮気を想わせた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。


でも、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても相手に気づかれてしまう可能性はあるでしょう。


なぜでしょう。


答えは簡単で、顔がばれてしまっているからです。


18:12
2019年10月06日(日)
【探偵の一部はアルバイトの例が】
探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。


アルバイト、探偵で検索すれば、募集がかかっていることを知るでしょう。


このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多いのです。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。


ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。


かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、不倫の証拠集めには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要求されます。


ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、速やかに対処する判断力も大事です。


浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのがプロの探偵です。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが一番です。


一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないという実態もあります。


慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしたことを実感させるわけです。


これから配偶者の浮気について、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。


ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、気をつけた方がいいです。


やはり安かろう悪かろうという場合もあるので、お金を払って依頼するなら、誠実な会社なのかどうかは、しっかり確認しておきましょう。


浮気調査なんていちいちしなくてもと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。


とはいえ不倫は些細なことから始まるので、男だらけの職場でも無関心でいてはいけません。


取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。


一緒にいて怪しい点があるときは、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。


18:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++