綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年01月19日(土)
【良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、相手】
良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に依頼するようにしましょう。


ローカルに強い探偵なら、調査を進めやすく、高精度な報告ができるでしょう。


また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由かそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。


探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、再々繰り返す場合があります。


連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、また浮気をしている事実が発覚するのです。


もともと最初の浮気への対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感させるような厳しい措置も考えなければなりません。


どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。


というのは、最初に出してもらった金額のほかに高額なオプションが付加されたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。


こうしたことを避けるために、依頼前によく確認することを強くおすすめする次第です。


料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、新しく業者を見つければいいのです。


4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。


夫は7つ年上で社宅住まいです。


つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、離婚することになりました。


まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。


夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。


以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、すぐ、不倫かなと思ってしまいました。


相手が誰かだけでも知りたくて、携帯の履歴を見ようとしたのですが、きっちりロックでガードされていて、見れなかったんです。


泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、思案中です。


01:24
2019年01月18日(金)
【探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自】
探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。


簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。


気付かれてしまえば相手も対策をとるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。


誤魔化せない証拠を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。


興信所や探偵への料金の決済(支払い)方法は、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割が可能という会社もあるようです。


すぐ不倫の調査を依頼したいのに、支払いでためらっているのであれば、このような精算方法に対応している業者に依頼すると機会を逃さなくて良いですね。


実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがやはり一般的ですね。


納得できる会社を見つけるには複数を比較することを強くおすすめします。


調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておきたいものです。


高額な請求をしてくる悪どい会社に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。


「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。


交際相手とのやりとりが見つかって、反省の態度は見せるのですが、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性はおおいにあります。


あやしい素振りを見せたら、探偵を頼むなどして、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、懲らしめてやるといいでしょう。


動きを記録しておくことで浮気を実証できる場合もあるのです。


基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。


けれども、浮気をするとそのパターンが揺らぎます。


その曜日や時間帯に着目し、特定することができたら注意して動きを観察するようにすると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。


01:12
2019年01月17日(木)
【興信所に不倫調査等を頼む際は、そ】
興信所に不倫調査等を頼む際は、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用について知っていないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。


おおむね2時間で2万円台あたりを見積もっておくと妥当だと思います。


時間数が増えてもディスカウントは期待できず、費用負担は増えるだけですから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。


なんとアルバイトの探偵がいるときがあるのです。


探偵のアルバイト情報を調べれば、お仕事が見つかるのです。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。


浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を伝えなければいけません。


アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。


調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。


まずは落ち着いて、探偵事務所に依頼の電話をかける前に自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。


法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。


興信所や探偵に調査を依頼するなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことが必要不可欠ではないでしょうか。


評価が低いところでは、高額な追加料金が上乗せされたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。


少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、割高な請求の心配もありません。


何より、良い仕事をしてくれると思います。


子供も大きくなったのでパートを始めたところ、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、お付き合いを始めました。


まあ、不倫ですよね。


長らく子供と家庭だけを軸に、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、以前と変わったところがあったのか、主人はすぐ気づいたようで、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められることになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。


01:12
2019年01月16日(水)
【信頼性の高い探偵事務所に出会う方】
信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、評判や口コミを調べるのが大切です。


当然、その探偵事務所が運営するサイトに記載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトに載っているような口コミを確認するのがお勧めです。


その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、信頼できる情報なのは間違いありません。


着ている服を見て浮気の証拠を見つけられます。


浮気をすると、著しいのは今までとは変わった服装です。


おしゃれにはこれまで疎かったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意する必要があるでしょう。


今後浮気をしそうな人がいたり、もう浮気の相手がいるかもしれません。


夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。


要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。


また、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えています。


探偵に頼んで、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。


配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。


しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても配偶者に発見されてしまう事もなきにしもあらずです。


なぜでしょう。


答えは簡単で、あなたの顔を覚えているからです。


同じような浮気調査でも、その代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。


最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、ちょっと手間でも何社かで調査費用の見積りを出してもらうのをおすすめします。


それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査の無駄を省くことができ、費用圧縮になります。


00:36
2019年01月14日(月)
【興信所に不倫の追跡調査を依頼した】
興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加料金が生じることもあります。


その時は、まず契約書を確認しましょう。


そこには追加料金について明記されていると思います。


ですから、それをチェックすることは、トラブル防止に役立ちます。


よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも大事だと思います。


探偵を使い慣れている人はいないでしょう。


浮気調査をしてもらおうと決めたところで、依頼先選びに苦慮するのはあたりまえでしょう。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、まともに届出を出している会社なのかは、届出番号で判断することができます。


つまり、業者のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。


探偵業者を使って浮気調査をするなら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。


割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。


また、安価な価格設定で顧客を誘い、よくわからない諸経費や天候割増など、多数のオプションが付加されることもあるため、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかり確認させてもらうようにしましょう。


「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはその人の倫理観によっても違うでしょう。


自分以外の異性に優しくしたとか、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。


ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞ということになります。


しかし、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は慎むにこしたことはありません。


どのような行動をしているか記録することで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。


普通は、人間の一日一日の行動にはパターンが定まってくるものです。


けれども、浮気をすると行動のパターンが変わります。


変わった曜日や時間帯を確認できたら行動をしっかりと観察すると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。


23:54
2019年01月13日(日)
【妻又は夫が浮気していることが明らかになっ】
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。


パートナーを裏切ったことがバレた途端に、妻または夫の頭に血が上って居直ってしまって元の関係に戻ることができなくなってしまうことがあるでしょう。


しかも、浮気相手に直接関わった結果精神的に耐え難い苦痛を味わうこともあります。


不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。


不倫していた相手が明らかになってから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年間が請求期限となります。


もし時効まで時間がないときには裁判を起こすことで、期限がリセットされるのです。


不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。


時間がなければ訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。


もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、あらかじめクチコミ等を調べておくことが不可欠だと思います。


評価が低いところでは、高額な追加料金が上乗せされたり、満足な調査をしていないこともあるようです。


利用者評価の高い探偵業者であれば、割高な請求の心配もないです。


何より、良い仕事をしてくれると思います。


地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。


何社か問合せをしていくうちに、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に調査を頼んで、結果を待ちました。


しばらくして報告書を受け取ったのですが、あれだけの証拠を目の当たりにすると、やはりショックでしたね。


浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。


中にはとんでもない金額を請求するところもないわけではありません。


高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実のところ非常に微妙です。


高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでしたという結末にならないためには、契約を交わす前に平均的な価格について調べておくべきです。


23:54
2019年01月12日(土)
【浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なり】
浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。


時には極端に高い料金を請求してきたりするところもないわけではありません。


調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。


高額な料金を請求しておきながら、不倫の証拠が得られないなんてことにならないよう、契約を交わす前に平均的な価格について調べておくべきです。


浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。


実際、浮気をするのは男だけではないでしょう。


スポーツや自治会、子供関連と、女性だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。


近年、浮気する女性の数が右肩上がりに増えていますし、旦那様側が探偵に相談するケースも珍しくもなくなってきました。


浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


不倫行為が確実ではない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。


調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは浮気相手の特定です。


パートナーの日々の行動を追跡したり、怪しまれぬよう監視を続け不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。


探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。


前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが不可欠だと思います。


評価が低いところでは、見積り時の説明が不十分だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。


一定以上の評価を得ている業者なら、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もありません。


何より、良い仕事をしてくれると思います。


浮気調査の費用の節約には、自分でできる範囲までは事前に調査をすることでしょう。


調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。


何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで調査費用の節約につながるのです。


毎日、出勤していった時間や、帰宅時間、電話が掛ってきた場合は着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。


23:48
2019年01月11日(金)
【浮気調査というものは、探る相手が顔見知りですから】
浮気調査というものは、探る相手が顔見知りですから、追跡が発覚しやすいばかりか、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。


同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に目的を完遂することができるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、そのような業者が行う無料相談を利用するというのもありだと思います。


浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、いきなり知らない相手に極めてプライベートな調査を依頼するのは、どうしたって不安なものです。


リスクや不安は少ないほど良いのですから、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。


探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとからオプション料金が発生することがあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、別料金を含む料金の算定方法が明記されていると思います。


だからこそしっかりと確認しておかなければいけません。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが怠らないようにしましょう。


4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。


夫は7つ年上で社宅住まいです。


夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。


しかし先週、家族会議の結果、最終的に離婚という結論が出ました。


幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていくのです。


メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士さんを頼み、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書というのを作ってもらいました。


着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。


浮気相手の趣味に合わせたものであったり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。


いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選択するようになってきたら大変よくない兆候です。


その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら浮気をしているかもしれません。


22:06
2019年01月10日(木)
【費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲の】
費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲のことは自分で前もって調査をすることでしょう。


難しい調査ではありません。


何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査なのです。


毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、誰かと電話をしているようなら掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。


探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが1時間あたり1万円から3万円くらいです。


もちろん、調査員が少ない人数なら安く増えれば増えるほど高くなります。


また、尾行の時に車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので確認が大切です。


想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。


どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。


標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を元に追跡します。


いわゆる「尾行」です。


何日も調査しても経費がかさむだけですから、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。


本人に気づかれないようにして、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには必要とされる技術および機材があります。


浮気の現場をカメラに収めても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。


探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったりもしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、細やかな料金設定がされており追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。


違法に調査を実施している業者へは依頼は控えた方が良いでしょう。


21:54
2019年01月09日(水)
【まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査】
まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。


でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないのではないでしょうか。


離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。


現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼することを推奨します。


弁護士がいいでしょう。


離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをもし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。


女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂の対象になりたくないのであれば絶対にいけません。


調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが2人で調査することが多いようです。


浮気をしているかの確認を調査員1人で調査をすることがよくあります。


浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査員の数などの詳細を決めていきます。


私28歳、夫36歳。


小2と幼稚園の子供がいます。


先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、いよいよ離婚という運びになりました。


育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。


夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、公正証書というのを作ってもらいました。


中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。


比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。


証拠を押さえるためには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。


ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。


浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。


19:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++