綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年03月23日(木)
【なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証】
なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。不倫行為の証拠といえば、やはり、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を得るのは困難でしょうから、探偵業者に依頼することも考えておくと良さそうです。一部の探偵がアルバイトの場合があるんです。
探偵をするアルバイトを検索してみると、なんと求人の情報があるのです。ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所もたくさんあるわけです。浮気について調べるように言うときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

探偵を使い慣れている人っていませんよね。配偶者の浮気で、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、価格の安いところに目がいきがちです。

とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っている例もあるわけですし、調査を頼む際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、しっかり確認しておきましょう。不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをあきらかにしておくことが重要です。パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
その希望次第で調査員の仕事内容も変わるわけですから、大事なことです。



異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。
不倫の代償は大きいです。
結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるように思えてなりません。本来は夫婦の問題であるのだから、そのようなことで解消するとは思えませんし、子供には責任はないはずです。軽率のツケは高くつくでしょう。


03:36
2017年03月22日(水)
【探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力】
探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての規模によるところも大きいでしょう。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。
大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的でそうしたところが調査報告書にも反映されているように思えます。

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵会社によって幅があります。安易に一社に絞り込まず、あらかじめ複数の業者に見積りしてもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、なるべく詳細に説明しておくと、効率良く調査できるので、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。


探偵について、その特徴を考えると、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいて正面からの調査を行う傾向にあります。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると考えることができます。
配偶者の浮気がわかったら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。



ことによると裁判に発展するでしょうし、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、無理のない問題解決を図るというのも手です。

調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。


一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって変わってきます。
素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間の調査として、平均的には2万円台と考えておくとよいでしょう。相場には幅がありますから、業者に相談して見積りをとるのが一番でしょう。
2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。


03:12
2017年03月21日(火)
【探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合が】
探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合が結構あります。大事な案件を発注するのですから、ぜひ利用しておきたいですね。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上で重要な情報が得られるからです。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、漠然とした不安や現在の状況などを洗いなおすきっかけにもなります。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。その許す事ができない行為を放置するというのは不可能でしょう。不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのはケータイチェックでしょう。


メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくること事体、ありえないことではありません。
普通、慰謝料で請求される金額は、相手側の離婚の有無で大きな違いがあります。


離婚「しそうになった」からといって非常に多くの慰謝料の請求があったら、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにしてください。不倫の慰謝料請求には期限があります。不倫相手を特定してから3年間、あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内だそうです。
ただ、時効間際といっても諦めないでください。裁判を起こすことで、時効はなくなります。
不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ訴訟に踏み切る手を使うほうがいいでしょう。

気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。結局のところ、不倫は何も生み出しません。



夫婦関係に嫌気がさしたからといって、あらたな恋人と幸せになろうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎるのではないでしょうか。
妻か夫のどちらかに原因があるとしても、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。
ましてや責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。
軽率のツケは高くつくでしょう。


03:00
2017年03月20日(月)
【配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知ら】
配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。

逆にいうとそれさえあれば、後はとことん向こうを追い詰めることができるというものです。
私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、それなりの報いを受けるわけです。
再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも既婚者同士の恋愛に発展するケースが多いことが知られています。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。
クラス会や同窓会後にいままでと違った行動パターンをとるようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。
配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要はないようにも思えます。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、否定しようのない証拠をつかんでおけば有利なのは確かです。


現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、興信所に頼んでみる価値はあるでしょう。


探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。


会社概要等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。相談しながら調査内容を設定していき、だいたいの費用の目安の見積書が作成されます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて検討するといいでしょう。
探偵社には調査報告書というものがありますが、業者ごとにスタイルはさまざまです。
ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの使用が前提なら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと困りますよね。
あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別するのをお勧めします。


03:00
2017年03月19日(日)
【通常の金銭感覚からすれば、探偵を使って浮】
通常の金銭感覚からすれば、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように感じることがほとんどでしょう。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、高額な代金を請求するところが絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは素人目には判断がつきかねます。不倫がわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


たとえば、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。



また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みなどが不倫行為の裏付けとして認められることも多くなりました。



探偵業を営むには特殊な免許資格は不要です。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許認可を出してもらうことが大原則です。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、配偶者との日常生活に飽きたからだそうです。言葉は違っても結局はそれみたいですね。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。


怒ったところで逆効果ということもありますから、二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを確認しあうのも大事です。

探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。
探偵はそれを仕事にしているのですから、むこうが気付くようなことは、まずありません。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。調査完了日までは少なくとも、いつもと同じように生活するようにしましょう。


02:18
2017年03月18日(土)
【費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自】
費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。


毎日、パートナーの行動記録を付けておけば調査費用の節約につながるのです。

毎日の出勤時間、帰ってくる時間、誰かと電話をしているようならその時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査しやすく費用も抑えられます。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、浮気の確証を得るまでに余計に時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。生活を共にしていればわかることだって大いにあるはずですし、記録やリサーチにいそしむのはいかがでしょうか。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面でしょう。

頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になるケースが非常に多いです。

証拠として認められる品質のものを撮影しようと思ったら、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。
時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、請求トラブルに発展することがあります。

あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで高額なオプションが付加されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金を請求されることもあるのです。
契約書にサインする前にチェックは入念にしておいたほうが良いでしょう。

料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、違う業者を当たったほうが良いでしょう。
良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に依頼するようにしましょう。ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、克明な報告を得ることができるでしょう。また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがありますし、あらかじめホームページとか電話で問い合わせてみるのをおすすめします。


01:30
2017年03月16日(木)
【探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです】
探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。探偵が浮気調査の専門家だとしても、成功しないことが全くないとは言えません。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。


もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこでポロリと不倫が発覚したことが増えているのも、当然かもしれませんね。


配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、日常的に浮気相手と接触を持っている可能性が高いです。
配偶者の態度とSNSは不倫をしているかどうかの判断材料にもなりえます。不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に繰り返すことがあります。
帰宅時間がルーズになったり、携帯にロックをかけるようになったりして、懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。
そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、累積として一層厳格な処置も考えなければなりません。
探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。
事務所所在地や代表電話といった情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。
専属スタッフに相談すると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積書が作成されます。そこまでなら無料のところもありますから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく検討するといいでしょう。全部がそうというわけではありませんが、探偵社ではタダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところも少なくありません。


複数の会社に相談することもできますから、依頼前に是非とも活用したいサービスです。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める指標になるからです。
また、相談員と話していくうちに、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を洗いなおすきっかけにもなります。


23:18
2017年03月15日(水)
【浮気を証明する写真といったらやはり、ふたり連】
浮気を証明する写真といったらやはり、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面につきるでしょう。自力で写真を撮れないことはないでしょうが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースがあります。証拠として認められる品質のものを撮影しようと思ったら、その道のプロである探偵に依頼するにこしたことはありません。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。
子育てが落ち着くまではと、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、以前と変わったところがあったのか、すぐ主人にバレて、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する事態になりました。配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

浮気の証拠を提示されてしまえば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。支払いがつらければ、額を減らしてもらうよう交渉するのも良いでしょう。浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。


考えられることは、常時精神的な負担があるということです。

交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを持っている時間が長くなり、ウツの症状が固定化されてしまうのです。また、浮気されたパートナーのほうもウツになりやすいと言えるでしょう。

日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が間違いありません。そして探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。


20:54
2017年03月14日(火)
【車の目立たない場所にGPS端末を】
車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、行動を常時監視し続け現在地を確認したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

そうすれば、相手がどこに行ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には怪しいサギまがいの業者があるのが現実です。

ネットでクチコミをチェックするなどして、堅実な会社に依頼すべきです。



また、不倫の追跡調査等でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で契約を交わすと良いでしょう。

日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。


そして探偵に頼む場合、浮気に関する証拠が手に入る!と いうことにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる!という付加価値もあるのです。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは珍しいことではありません。依頼が確定するまでの見積り段階では、詳細な個人情報は不要という会社も増えていますから安心してください。
その後、調査を依頼するには契約書を交わすことになりますから、必要な個人情報の記入は不可避です。浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。



調査により浮気が確定した場合に、次は不倫相手を調査となります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、怪しまれぬよう監視を続け貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を証拠として押さえるのです。


20:54
2017年03月13日(月)
【探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠をつかんでしまい】
探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手がおかしいと思った時、自分で証拠を集めようとするでしょう。

ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで手に入れるとなると相手に感づかれてしまう事もなきにしもあらずです。なぜでしょう。



答えは簡単で、あなたの顔が相手に知られているからです。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、あちらが離婚しないか、したかによって変わってくるものです。
離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、すぐ返事をせず、弁護士に相談するべきです。探偵業者を使って浮気調査をするなら、標準的な価格相場ぐらいはあらかじめ調べておきたいものです。

割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところもあるので、身を守るためでもあります。

さらに、見積り時点では安くしておきながら、追跡調査時の経費や機器代など、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、追加料金の発生条件等も、きちんとした説明を求めるようにしましょう。


浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は3〜4日が目安です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるのです。


それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには必要となる機材や技術があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りずに誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にはできません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。


18:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++