綿密な調査には探偵を・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年07月20日(金)
【どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺かと思うような】
どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるのが現実です。


ネットでクチコミをチェックするなどして、誠実そうなところを選びましょう。


一般的な浮気調査であろうと、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。


曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よくよく確認した上で依頼するようにしましょう。


テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。


いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、依頼先選びに苦慮するのは当然です。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認可を受ける必要があります。


認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、正規に開業している業者か、違法な業者かは、届出番号で判断することができます。


ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。


領収書やクレジットカードから、浮気を確定することもできるかもしれません。


いつもなら立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、その周辺に普段から向かっていることになるでしょう。


そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。


浮気の事実関係を委託調査する際には、びっくりするするほどに低料金だったりまたは高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所がオススメです。


また、探偵業の許可を取得しているのかお調べください。


法に反して調査を実施している業者には依頼しないように気を付けましょう。


探偵が使うという追跡グッズとは、自分でも買えるのかと言われたら購入できます。


一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用されることが多いですが、どんな人でもネット等で買えます。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載して置く物ですのでいかなる人でも購入できるのは当然です。


02:12
2018年07月19日(木)
【興信所に不倫調査等を頼む際は、一般的な調査費用の】
興信所に不倫調査等を頼む際は、一般的な調査費用の相場というものを調べておかないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。


1時間1万円からと予想していると間違いありません。


期間(時間数)が増えたりすれば支払いにはねかえってきますから、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。


探偵をバイトでしている人のいるようなことがありえます。


探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。


これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もいくつもあります。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。


アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。


不倫調査を頼む際は、根本的にどういった目的があるのかをあきらかにしておくことが重要です。


別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。


依頼の内容次第では調査員の仕事内容も変わるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。


子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。


子供ができてから今までの間、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。


パートだけにしてはおかしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、両家ともに離婚。


そして双方が慰謝料を請求されるということになってしまいました。


相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。


その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気をした、されたといって離婚というものはそう簡単なものではありません。


相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。


同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう


02:00
2018年07月18日(水)
【私28歳、夫36歳。小2と幼稚園の子供が】
私28歳、夫36歳。


小2と幼稚園の子供がいます。


先月半ばに彼の職場不倫がわかり、夫婦双方の親同席で相談し、いよいよ離婚という運びになりました。


親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。


感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士さんを頼み、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、安全のために公正証書を作成しました。


だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。


それは、個々の道徳意識によって異なると思います。


たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と感じる人もいます。


ちなみに法律の上では、肉体関係があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、一般的には、いかにも浮気ととられかねない行動は慎むにこしたことはありません。


飲食店を利用した際の領収証には、お通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。


ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに点検するようにします。


出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高額だったりすると同伴者がいた想像されてしまう事があります。


探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。


どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。


全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。


また、大規模な業者では調査にあたるスタッフの教育にも積極的でそういう点が調査成果や報告書の精度に大きく影響してくるのではないでしょうか。


浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。


相手が信頼できなくなってしまったら、死ぬまで一緒にいるとなると精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。


それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。


01:36
2018年07月17日(火)
【浮気は男の甲斐性とかって男性にとっ】
浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。


実際、女性だって浮気するじゃありませんか。


スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。


そんなわけで浮気に抵抗感のない女性も増えてきていて、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。


浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、配偶者への暴露です。


だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。


結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せる方が、確実性があるというものです。


そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。


浮気の裏付けがSNSで、見つかることもあります。


SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも無意識のうちに、プライベートを事細かに書いてしまう事が珍しい事ではありません。


場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに公表している場合もあるのです。


相手のアカウントに気づいているのなら検索してみて下さい。


不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思っている人は少なくないでしょう。


とはいえ不倫は些細なことから始まるので、出会いがない現場だろうと無関心でいてはいけません。


常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。


一緒にいて怪しい点があるときは、探偵を使って調査してもらうと、不安を募らせることもありませんし、メンタル面でもプラスになると思います。


これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面でしょう。


もちろんシロウトでも撮影はできますが、肝心の画像が上手にとれないことが多いです。


証拠として認められる品質のものを得たいなら、最初から興信所などを手配する方が良いのではないでしょうか。


00:24
2018年07月15日(日)
【浮気調査を探偵に依頼するとき、尾行や】
浮気調査を探偵に依頼するとき、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。


ご心配なく。


探偵業法を遵守していれば違法ではありません。


法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく策定されたのです。


相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。


その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。


養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。


それは男性の場合であっても同様で、仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょうもともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、両者には大きな隔たりがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。


様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。


こうした手続きを踏んで、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。


安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。


おそらくそれは少し昔の話でしょう。


お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。


近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、業者の誠実さなどは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。


代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いわりに調査がイマイチな会社へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけるのは大事なことです。


探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは人として正しい反応だと思います。


初回相談(見積り)まではおおまかな情報のみでOKという探偵社が増えていますから安心してください。


しかし、いざ依頼するとなると契約や詳細説明は必須ですから、必要な個人情報の記入は避けることができません。


17:36
2018年07月14日(土)
【探偵社で浮気調査をしてもらった際】
探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。


ただ、普通は契約書に、オプション付加条件や料金テーブルが記載されています。


このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。


もし不明な点があるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが怠らないようにしましょう。


不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。


徐々に落ち着きを取り戻してきたら、これからどう対処していくか考えなければいけません。


浮気なんていうものは、道義上許されない行為です。


精神面では割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を要求するのは当然のことです。


ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。


先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、違約金を請求されることもあるのです。


契約書にサインする前にチェックは入念にしておくことが大事ですね。


むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、違う業者を当たったほうが良いでしょう。


時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方がお金がかからなくなります。


よって探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。


自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ双方にとって利益があります。


最近の探偵業者は、相談までなら無料というところが結構あります。


贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは積極的に受けておいて損はないでしょう。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。


ベテランのスタッフと話をすることで、混沌とした気持ちや問題点を整理することもできます。


17:30
2018年07月13日(金)
【浮気現場の日時がわかっていると、調】
浮気現場の日時がわかっていると、調査期間は短くなりますので調査にかかるお金は少なくなります。


と言っても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも見知っている人にお願いして写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いでしょう。


勘づかれないように写真を撮りたいときはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。


探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。


変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。


あったことをなかったことにさせないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。


世間的には離婚した際、浮気していた側は子供の親権がとりにくいと思われているようです。


倫理的に言うとそうかもしれません。


ただ、裁判所は違う考え方をします。


調整や裁判での子供の親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、子育てに対する積極性といった点を見ていきます。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。


浮気した事実をカーナビで証明できるのです。


見つからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられるのです。


あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けてましょう。


そして、何度も給油されていた場合、デートを車でしている場合があります。


探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をしてもらうことは不可能ですから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルとなる危険性も考えなければいけません。


あとになってガッカリすることがないように、利用者のクチコミ等をチェックして信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。


15:42
2018年07月12日(木)
【調査会社が探偵業務で使用する道】
調査会社が探偵業務で使用する道具というと、従来は発信機がありましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧型の発信機と比べると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。


昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。


これさえガッチリとつけることができれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。


実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者がしばしば目にするようになりました。


しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもないわけではないので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。


配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。


相手がきちんとした裏付けをとっていれば、言い逃れはできないです。


慰謝料として要求される金額は、50万くらいから何百万円までと幅があるようです。


その額で難しいときは、分割期間の変更や減額を頼んでみることはできます。


結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。


夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、普通は調べる人が何人でどのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを契約を交わす前に取り決めます。


時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど支払う費用も高くなるのです。


探偵事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため口コミなども調査した方が良いかと思います。


一部の探偵がアルバイトの例があってしまうのです。


探偵としてのアルバイトを調べてみると、募集がかかっていることを知るでしょう。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。


浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を教える必要があります。


でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。


15:36
2018年07月11日(水)
【不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報】
不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報を安易に知らせたくないと思うのはよくあることです。


相談して仮見積りを出すところまでは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも多いですし、まず聞いてみることが大事です。


でも、仕事として発注する場合は契約は必須ですし、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。


男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。


しかし、浮気をするのは男だけではないでしょう。


同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。


近頃は女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、旦那様側が探偵に相談するケースも珍しくもなくなってきました。


配偶者の浮気がわかったら、慰謝料の支払いを求めることができます。


ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。


裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、そうなる前に弁護士にお願いして、なるべく円満な解決を目指すというのも手です。


探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。


営業所の住所や連絡先などは、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。


相談してみると、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか見積りが出てきます。


そこまでなら無料のところもありますから、落ち着いて考えてから依頼することもできます。


興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。


フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、時世に沿った体制づくりを模索しています。


規模の大きなところは調査に従事する職員の教育にも積極的でそれは仕事の成果にフィードバックされてくるわけです。


15:18
2018年07月10日(火)
【着ている服を見て浮気の実証ができます。浮気をしている】
着ている服を見て浮気の実証ができます。


浮気をしているときに、明確に分かるのは変化していく服装です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。


この先浮気に進展しそうな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。


探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく相手に勘付かれずにつけるのは想像以上に難しいはずです。


気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。


絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。


今までと違った格好をするようになったら、よくない兆候です。


浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。


突如、年よりも若めの色柄の格好選んで着るようになりだしたら相当に危ない予兆です。


服の中でも、きれいな下着を、着用しだしたら浮気の可能性もかなり高いです。


探偵に不倫調査をしてもらったあとで、別途、代金を請求されるというケースがあるようです。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、追加料金について記載されているでしょう。


したがって契約書にはよく目を通して理解することは欠かせないのです。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約する前に納得がいくまで質問するのもおろそかにしてはなりません。


「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。


まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで大きな差が出てくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。


本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら相応の代償を払って償っていかなければいけません。


14:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++